Jump to content
Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

スイス建国記念日


自由の戦士ウィリアム・テルがニューヨークを制する?







自由の戦士ウィリアム・テルは、80人を超える人たちと一緒にニューヨークの小さな島でスイスの建国を祝う(合成写真) (zVg)

自由の戦士ウィリアム・テルは、80人を超える人たちと一緒にニューヨークの小さな島でスイスの建国を祝う(合成写真)

(zVg)

ゲリー・ホフステッターさんは、イルミネーションを使って山や建築物にモチーフを描くことで世界的に有名なスイスのアーティストだ。スイス建国記念日の前日、ホフステッターさんの手によって米国ニューヨークに4メートルのウィリアム・テル像が出現した。

 ホフステッターさんはニューヨークのラット島に7月31日、スイスの自由の戦士ウィリアム・テル像を設置した。ラット島は米国に住むスイス人2人が所有している。

 ホフステッターさんはスイスのバンドによる演奏と共に、招待客80人の前でウィリアム・テルを披露した。

 ウィリアム・テルをニューヨークに連れて行こうと決めたのは「自由の女神をサポートするためだ。そうすれば2人で、人間の基本的価値である人権を守っていける。民主主義の始まりはアメリカだ。それをスイスが引き継いでさらに改善していく」とホフステッターさんは語る。

 ウィリアム・テルのオリジナルの銅像はスイス・ウーリ州のアルトドルフにある。

 ホフステッターさんは、「テルは息子の頭上のリンゴを射抜いてはいない。射抜いたというのは伝説だ。だが、テルが今からビッグ・アップル(ニューヨーク市の愛称)へ進出するのは現実の話だ」と、7月31日にラット島で起った伝説ではない現実を語った。


メールアドレスをご登録いただいた方に、トップ記事を配信しています。是非ご登録ください。



(英語からの翻訳&編集・説田英香), swissinfo.ch

著作権

すべての権利を留保します。swissinfo.chウェブサービスのコンテンツは著作権で保護されており、私的使用目的でのみご利用いただけます。それ以外のウェブサービスのコンテンツ利用、特に拡散、変更、転用、保存、複写する場合は、swissinfo.chの書面による同意を必要とします。私的使用以外でご利用される場合は、contact@swissinfo.ch へご連絡ください。

私的使用以外の利用において唯一認められるのは、特定のコンテンツへのハイパーリンクを自分のウェブサイトや第三者のウェブサイトに設定することです。また、広告のない環境にswissinfo.chウェブサービスのコンテンツを原文のまま掲載することもできます。swissinfo.chウェブサービスでダウンロード用に提供しているすべてのソフトウェア、ディレクトリー、データ、およびそのコンテンツに対しては、私用の機器へのダウンロードや保存に限定した、譲渡不可能で非独占的な単純ライセンスを譲渡します。他のすべての権利はswissinfo.chに属します。特に、販売や商業的利用は固く禁止します。

×