教育

シリーズ「私たちは在外スイス人」 スイスに一度も行ったことはないが「心はスイスに」

スイスに一度も住んだことがなくても、自分はスイス人だと認識するのは可能だろうか?22歳の米国人青年、ジョナサン・ロイス・ホシュテットラーさんの例をみれば、その答えは「可能」だ。彼は幼少期、米国でさまざまな苦難に遭った。彼は今、先祖の暮らしたスイスで神学の博士課程に進もうと考えている。 ...

過去最大級? 教育費削減反対 スイスで学生らが大規模デモ

スイスで5日、複数の都市で生徒らがデモ行進を行い教育費のカットに抗議した。この費用削減の影響で教育施設は休校になり、一部では校舎などのインフラのメンテナンスに支障が出るという問題まで発生している。 ...

難民の社会統合 スイス学生連盟、難民が大学教育を受ける機会の拡大に取り組む

難民たちが自国で取得した大学入学資格や学位がスイスで認められることはまれだ。この問題に取り組むスイス学生連盟は、難民にもスイスの大学への門戸がより開かれるよう、当局に要求している。 ...

スイスのムスリム スイスでイマームの養成は必要か?

スイスにあるモスクのイマーム(イスラム教指導者)の多くは外国出身で、たった数年しかスイスで暮らさない。そのため、この国に住むムスリム(イスラム教徒)の実生活についてあまり知らず、ムスリムがスイス社会に溶け込むための支援ができない場合がある。では、スイスでイマームを養成すればよいのだろうか?その...

ビデオカメラが追った舞台裏  レッスンと競争を楽しむローザンヌ・バレエ

プロを目指す若手ダンサーの登竜門といわれ、世界中のダンサーが出会う所であるローザンヌ国際バレエコンクール。今年の審査委員長ケヴィン・オヘア氏はレッスンと競争を楽しむ姿を重視する。舞台裏では参加者はどのようにコンクールを体験しているのだろうか。スイスインフォのビデオカメラが2日間のコンテンポラリ...

いじめストップ ! いじめの解決方法 子どもたちが自分たちで見つけた

あなたが学校の先生で、生徒の一部がいじめにあっているとわかったとき、どうするだろうか?ある解決方法を見つけたスイスの先生と生徒たちにインタビューした。 ...

外国人の社会統合 移民の社会統合をサポート 語学コースを無料で提供

バーゼル・シュタット準州では新しく移民としてきた外国人に、ドイツ語コースを無料で受講できるクーポン券を配布している。費用は州が負担。この制度は、スイスでもこの州だけが実施している。もちろん、外国人の社会への統合促進が目的なのだが、外国人全員が利用しているわけではないという現状もある。

バーゼルでドイツ語を学ぶ 無料語学コースで外国人の社会統合を促す

バーゼル・シュタット準州 では、新しくスイスに移住してきた外国人を対象に、無料ドイツ語コースを設けている。この制度を利用した外国人は既に千人以上にのぼる。(Julie Hunt, swissinfo.ch) ...

世界のスター建築家 隈研吾のスイス初の建築、オープン 木と石の屋根でヒューマンなものを創出

世界のスター建築家、隈研吾のスイス初の建築「ArtLab」が11月4日、連邦工科大学ローザンヌ校のキャンパスにオープンした。250メートルの長い屋根の下に三つの異なる機能の「箱」が配置されたこの建物は、日本の木造平屋のような控えめなやわらかさと同時にシャープなデザイン性を持ち、どっしりとした屋...

WEF男女格差指数2016 男女格差ランキング スイスは11位

世界経済フォーラム(WEF)が26日に発表した世界各国の「男女格差指数2016」によると、教育や健康の分野では男女の格差が縮小したのに対し、「経済活動への参加と機会」においては2008年以降男女平等の進展に低迷が見られる。「政治への参加」は、依然として格差があるものの、世界全体では改善が見られ...

スイス式職業訓練制度導入 見習い研修制度に必要なのは、若者たちへの信頼

10代の若者にハイテクな機械を操作させてもよいのか?その若さで仕事に従事させてもかまわないのか?スイスから職業訓練についてのアドバイスを受け、この制度を推進しようとしているアメリカやブルガリアは、若者を信頼してこのような問いに「イエス」と答える必要があるだろう。

人材活用 求められる高資格労働者 労働力不足への解決策は?

スイスでは高資格労働者への需要が高いが、こうした人材を雇用するのは難しいとされる。では、労働市場のニーズに応えるにはどうしたらよいだろうか?政治に対する考えが異なる専門家3人に、それぞれの解決策を聞いた。 マグダレーナ・マルトゥロ・ブロッハー氏:教育および研修 ...

国際的な人の移動 スイス人の国外移住、増加傾向に

スイス人の1割以上は外国で生活する在外スイス人だ。その数は増加傾向にある。また、1カ所の居住地に滞在する期間も平均して短くなってきているという。国際的に人の移動が激しくなる中、スイスにはどんな影響があるのだろう? ...

今日から新学期 疲弊する教育現場、専門教師の不足やモンスターペアレントからの圧力も

スイスの幾つかの州で新学期が今日22日、始まった。しかし、教育現場は疲弊している。障害を持った子どもを教える特殊訓練を受けた教師の不足など、さまざまな要因から教師の間に不満が充満。教師を辞める人も増えている。 ...

職業訓練制度の矛盾 国境を越えてスイスに通う外国人職業訓練生たち

スイスではこの時期、新学年がスタートする。職業訓練学校でも大勢の若者が入学や進級を迎えた。このうち1611人は、国境をまたいでスイスに通う外国籍の若者たちだ。国内の職業訓練生の不足を緩和する存在として、連邦政府も彼らに期待を寄せる。 ...

オピニオン 若者の国レベルでの政治参加を実現、「青年連邦議会」をスイスに

スイスには約66の地方自治体や州に「青年議会」がある。形態はさまざまだが、共通しているのは「若者が、若者のために、若者の要望や政治的テーマに取り組む」という点だ。青年議会は政治の流れの中に根を下ろし、若者に広く政治参加の機会を提供している。だが連邦レベルでは、こうした制度としての政治体験の場が...

模型を知る 千差万別な模型の世界へようこそ

私たちの日常は模型(モデル)抜きには語れない。家やオフィスなどの建築や、日々利用する列車が完成するまでには、その形状・構造・性能などを確認するために模型が使われる。一方で、過去や今の世界を理解し、知識を深めるためにも模型は使われる。例えば、博物館にある恐竜の復元模型や地球儀などがそうだ。日常と...