わたしの山旅

世界第1次大戦が終結して間もない大正10年 ( 1921年 ) 9月9日、アイガー東山稜を初登攀した登山家、槇有恒 ( まきゆうこう 1894〜1989年 ) の著作「わたしの山旅」からの抜粋の朗読を2日おきに32回にわたって連載します。

今から85年前、槇有恒はグリンデルヴァルトにじっくりと滞在し、地元の人々と深く交流し、スイスで作られていた登山靴、リュックサック、ピッケルなどを参考にして登山用具の開発も進めました。今もグリンデルヴァルトに深く愛され続ける「世界のマキ」の目を通して見るスイスとその山をご堪能下さい。朗読はmp3にダウンロードも可能です。

槇 有恒著

わたしの山旅

IV アルプス