ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

きれいな駅に スイスの鉄道駅、2018年末に全面禁煙へ

女性の喫煙者

非喫煙者は、タバコの煙にまみれずに電車に乗りたいと願っている

(Keystone)

スイス連邦鉄道他のサイトへ(スイス国鉄、SBB)は、2018年12月末に鉄道駅を全面禁煙にする計画を進めている。最終決定されるのは来年半ばの理事会だが、それに先立ち一部の駅で禁煙ゾーンを設けるなど試験的に実施する。

 SBBは来年12月の時刻表改正に合わせて全面禁煙を実施したい考え。ドイツ語圏の日刊紙NZZが1日、報じた。

 試行期間は1年間で▽駅を全面禁煙にする▽プラットホームに喫煙場所を設ける▽喫煙用ラウンジを作るーの3種類を実施。SBBの広報担当フランツィスカ・フレイ氏は実施場所や詳細については未定としたが、「5~6カ所の見込み」と話す。

 SBBは試行期間中、乗客への聞き取り調査のほか、新聞報道などで反応を調べるという。

 SBBによると、鉄道駅での喫煙は、乗客への調査で必ず議題に上がる問題だった。スイスでは、電車内での喫煙が2005年12月に全面禁止されたものの、他の欧州諸国に比べると対応が遅れている。フランスやイタリア、オーストリア、オランダ、ベルギー、スペインはすでに駅構内の全面禁煙を実施済み。ドイツ、ノルウェーでは、プラットホームの指定場所に限り喫煙が認められている。

クリーンな駅へ スイスの鉄道駅 あなたが捨てたタバコの吸い殻を拾うのは誰?

スイス連邦鉄道(スイス国鉄、SBB)の清掃員は、毎日線路に落ちているタバコの吸い殻を一つ一つ手作業で拾っている。(SRF/swissinfo.ch)


(英語からの翻訳・宇田薫)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×