インスピレーション ソーラー・インパルスの操縦士、ピカールさんに仏レジオン・ドヌール勲章

クリーンな環境の促進に貢献したとしてフランス政府は今月25日、スイスの飛行家で精神科医のベルトラン・ピカールさん(59歳)にフランスの最高勲章、レジオン・ドヌール勲章を贈った。表彰の際にオランド大統領はピカールさんを「技術革新と産業にインスピレーションを与えてきた、有名なスイスの開拓者一家出身の精神科医・冒険家」と紹介した。

ピカールさんは、副操縦士のアンドレ・ボルシュベルクさんと2015年3月~16年7月の間、再生可能なエネルギーの可能性を広めるために、太陽光エネルギーを電力とした飛行機「ソーラー・インパルス」で世界を一周飛行した。

クリーンな環境の促進に貢献したとしてフランス政府は今月25日、スイスの飛行家で精神科医のベルトラン・ピカールさん(59歳)にフランスの最高勲章、レジオン・ドヌール勲章を贈った。表彰の際にオランド大統領はピカールさんを「技術革新と産業にインスピレーションを与えてきた、有名なスイスの開拓者一家出身の精神科医・冒険家」と紹介した。

ピカールさんは、副操縦士のアンドレ・ボルシュベルクさんと2015年3月~16年7月の間、再生可能なエネルギーの可能性を広めるために、太陽光エネルギーを電力とした飛行機「ソーラー・インパルス」で世界を一周飛行した。

(sda-ats)

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×