ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

カンナビス スイスの薬物 大麻が最も普及

たばこ

ヴォー州の調査結果は、国内の他の地域とは相違点がみられたという

(Keystone / Etienne Laurent)

スイスではコカインより市場価値がずっと低い大麻が依然、最も広く普及している薬物であることが、研究者の調査で分かった。

中毒防止団体アディクション・スイスなど複数の研究グループが発表。国内の大麻市場の市場価値は推定で最大5億フラン(550億円)という。

ただ、調査を実施したヴォー州では、大麻の市場価値はコカインの約半分だった。アディクション・スイスの共同ディレクター、フランク・ゾベルさんにとっては驚くべき結果だったという。

ゾベルさんはスイスの通信社Keystone-SDAに対し「大麻はすべてにおいて最大の市場だと思っていた」とコメント。 「ほかの薬物よりは依然として売上高がずっと多いが、コカインよりは少なかった」という。

ただ、スイスで販売された大麻の総量は、ほかのあらゆる薬物を上回った。国内全体の年間消費量は推定40~60トンに上る。人口80万人のヴォー州だけ見ても、大麻を紙で巻いたジョイントで毎日約5万本相当が消費されている。

新しい製品

研究者たちはまた、市場に出回る製品の多様化、市況のシフトもみられると指摘。ゾベル氏は「あらゆるものが手に入る」と話す。

ここ数十年は国内産の大麻が人気だったが、輸入もののハシシに復活の兆しが表れている。スイス国内で手に入るハシシはほとんどがモロッコ産。高レベルの向精神作用成分テトラヒドロカンナビノール(THC)が含まれる。

スイス市場ではほかにも、合法のカンナビジオール(CBD)と違法大麻(高レベルのTHC)を混ぜた製品が出回るようになった。ゾベル氏はこの理由を「合法市場で価格の下落が進んでいるため」と分析する。

CBDは麻や大麻草から抽出し、ジェル、オイル、抽出物、グミなどとして販売される。THCと同じような「ハイ」を感じることはない。

消費者自身に関しては、研究者はヘビーユーザーが市場の原動力だと指摘。消費の半分は「常用」の消費者で(月20日以上)、利用者全体では9%を占める。

Keystone-SDA/dos

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform mountain

デジタル化が可能にした山での暮らしとワークスタイル

デジタル化が可能にした山での暮らしとワークスタイル

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。