ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

キリスト教 ローマ法王、スイス・ジュネーブを訪問 ベルセ大統領らと会談

空港で出迎えるベルセ大統領

フランシスコ法王を出迎えるアラン・ベルセ連邦大統領(右)

(Keystone)

キリスト教会の一致を目指す国際団体、世界教会協議会他のサイトへ(WCC・本部ジュネーブ)の創立70周年に合わせ、ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王(81)が21日、1日間の日程でジュネーブを訪問した。法王がスイスを訪れるのは14年ぶり。

>>ローマ法王のジュネーブ訪問、どんなところを回った?

 ジャン・カルヴァンが宗教改革を行ったジュネーブは「プロテスタントのローマ」とも呼ばれるプロテスタントにとっては重要な都市だ。フランシスコ法王は21日朝、飛行機でジュネーブ空港に到着。空港ではアラン・ベルセ連邦大統領ら政府関係者が出迎えた。

 ベルセ大統領はフランシスコ法王と20分間会談。ベルセ大統領はその後、記者団に対し、平和と人権の取り組みに尽力する法王の思いを共有できたと語った。

 会談の中で、法王はスイスに対し、対話を通じて世界の紛争予防を推進するよう求めたという。また二人は、難民・移民を乗せたアフリカ北部からの船がイタリアに入国拒否されている問題についても議論した。

「法王とスイスは共通点が多い」

ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王とスイスのアラン・ベルセ連邦大統領が21日、ジュネーブで会談した。(SRF/swissinfo.ch)  本文記事はこちら

このコンテンツは2018/06/22 10:25に配信されました

 法王が最後にスイスを訪れたのは2004年。ヨハネ・パウロ2世が6日間の日程でベルンとジュネーブを訪問した。ヨハネ・パウロ2世はその1年後に死去した。

 フランシスコ法王はベルセ氏との会談を終えた後、空港そばのWCC本部に移動。地元の教会関係者と祈りの集いに参加した。ローマ・カトリック教会はWCCのメンバーではないが、オブザーバーを派遣している。

>>WCCってどんな団体?  

 法王の今回の訪問は「歩き、祈り、そして共に行動する」というモットーの下、分断されたバチカンと他のキリスト教教会を橋渡しするという重要な意義を持つ。

 WCC本部で法王は「抑制のきかない消費者主権主義」の危険性を指摘し、これは子供と高齢者の排除につながると警告した。また「私たちは進むべき道を見失ってしまった」と語った。

 さらにカトリック教会と他のキリスト教信仰とのより深遠な統一が必要だと述べ、「私がここに来たのは、団結と平和のための巡礼だ」と呼びかけた。

 ローマ法王のWCC訪問は今回が3回目。1960年にパウロ6世、1984年にヨハネ・パウロ2世がそれぞれ訪れている。歴史的に、カトリック教会とプロテスタントの関には深い溝が出来ている。

 法王はまた、カトリック教徒、正教会、プロテスタント信者の無差別殺人を非難し「血のエキュメニズム(教会の一致促進運動)だ」と語ったほか、「キリスト教徒であるがために苦しんでいる世界の様々な地域、特に中東の兄弟姉妹に目を向けよう」と呼びかけた。

ローマ法王のジュネーブ訪問

ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王が21日、ジュネーブを訪問した。ジュネーブ空港に到着、世界教会協議会(WWC)での祈りの儀式、また近郊でのイベントなど、法王の1日を追った。

 フランシスコ法王は21日午後5時半、パレクスポ会場で行われたイベントに出席し全日程を終えた。イベントには3万7千人が参加した(主催者発表)。参加者のほとんどはスイス国内の居住者だが、フランスやスペイン、スロバキア、クロアチアから来た人も。会場外では朝早くから行列が出来た。

 同会場でのイベント、またジュネーブ空港でのセレモニーには、スイスの元バチカン衛兵らが、伝統的な青・赤・黄色のストライプ模様の制服を着て出席。バチカンでは1506年以降、スイス兵士がローマ法王と教会の護衛に当たっている。

swissinfo.ch/ds-jh-sb

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。