ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

クリーンな駅へ スイスの鉄道駅 あなたが捨てたタバコの吸い殻を拾うのは誰?

スイス連邦鉄道(スイス国鉄、SBB)の清掃員は、毎日線路に落ちているタバコの吸い殻を一つ一つ手作業で拾っている。チューリヒ中央駅だけでも、1日に110リットルのごみ袋がいっぱいになるほどだ。非常に骨の折れる作業で、清掃員たちは「灰皿が構内の至るところにあるのに」とため息をつく。(SRF/swissinfo.ch)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。