ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

グルリット・コレクション ナチス略奪の絵画 ユダヤ人相続人に返還へ

Thomas Couture painting

ベルン美術館はトマ・クチュール画「Portrait de jeune femme assise(仮訳:腰掛ける女性の肖像)」を本来の所有者の相続人に返還した

(Mick Vincenz © ベルン美術館 /ドイツ連邦共和国美術展示館)

ナチスによって略奪されたトマ・クチュールの絵画は、美術収集家グルリットが秘蔵していた作品の一つ。この貴重な「グルリット・コレクション」は後にベルン美術館に継承され、今回、ドイツに住むジョルジュ・マンデルの相続人に返還された。マンデルはユダヤ人政治家かつレジスタンス指導者だった。

ベルリンのマルティン・グロピウス・バウ美術館で8日に行われた式典では、ドイツのモニカ・グリュータース文化大臣が19世紀のフランス人芸術家トマ・クチュール(1815-1879)の描いた「Portrait de jeune femme assise(仮訳:腰掛ける女性の肖像)」を紹介した。

専門家は2017年、1944年に暗殺されたマンデルからこの絵が略奪されたことを確認した。戦後、絵画の盗難を届け出た際、マンデルのパートナーは証拠としてキャンバスに小さな穴があることを指摘していた。

8日の式典には、2014年に亡くなったグルリットのコレクションを受け継いだベルン美術館の代表とフランス大使館の特使もグリュータース文化大臣に同行した。

2012年、ドイツ人の故コーネリウス・グルリット氏の自宅アパートで1500点を超える大量の作品が発見された。これらはナチスのアドルフ・ヒトラー政権が退廃芸術だとしてユダヤ人から奪ったりだまし取ったりした作品や、ドイツの美術館から押収した略奪作品を含んでいた。彼の父親、ヒルデブラント・グルリットは、1938年以来ナチスの美術商として働いていた。

グルリット氏の遺言で、氏のコレクションは2014年5月にベルン美術館に寄贈された。ドイツ政府は本来の所有者調査のため、作品を約500点ドイツに保留していたが、時が経過しすぎて所有者の解明が難航していた。

クチュールの肖像画は、グルリット・コレクションから相続人に返還された5点目の作品。6点目の作品もナチスによる略奪が確定している。

swissinfo.ch/sb

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。