ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

グローバルウェルスレポート2019 富裕度ランキング スイスは平均値で世界トップに

Jewellery store window

5000万ドル以上の資産を持つスイスの超富裕層は推定2200人だ

(Keystone)

スイスの金融大手クレディ・スイスは21日、世界の富裕度を測る「グローバルウェルスレポート2019他のサイトへ」を発表した。スイスは成人1人当たりの純資産で群を抜き、主要国トップの座を維持した。

2019年6月末時点のスイスの成人1人当たり純資産は56万4650ドル(約6100万円)で、前年に比べ1万7790ドル増えた。

増加幅は米国(前年比1万1980ドル増)、日本(同9180ドル増)、オランダ(同9160ドル)を抜きスイスはトップだった。最も大きく減ったのは2万8670ドル減少したオーストラリアだった。

2000年以降、スイスの成人1人当たりの純資産は2.44倍に増えた。ただこの増加は対ドルのフラン上昇の影響を大きく受けている。特に2001年~2013年はそれが顕著だ。

フラン建てでみると、00~19年の増加幅は45%(平均で年2%)にとどまる。

スイスの純資産の55%は金融資産。英国より若干高く、日本や米国をやや下回る。

スイスの家計債務は平均14万2620ドルで、世界的に見ても高額だ。主な内訳は住宅ローン。負債額は資産額の20%に当たり、2014年の19%からわずかに上昇した。

富の格差

レポートは、富の分布を示した過去のデータが豊富な10カ国を比較し、「過去1世紀にわたり富の不平等の大きな是正が見られなかったのはスイスだけだ」としている。

富の平均値が高く、加えて富の格差が比較的大きいと、スイス人の大部分が世界の富の分布図の上の方に位置づけられてしまう。

世界の富裕層上位1%のうち、1.8%はスイス人だ。「スイスの成人は世界の成人人口のわずか0.1%であることから、この結果は注目に値する」。

スイスの成人の約3分の2は10万ドルを超える資産を持ち、12%が100万ドルを所有する億万長者。1億ドル超の資産を持つ超富裕層はおよそ770人、5000万ドル以上は2200人と推定される。

スイス人は本当に裕福か

2019年9月にドイツの保険大手アリアンツが発表したウェルスレポートでは、スイス人は世界で最も裕福ではないという結果が出ている。

昨年のスイス人の平均金額は17万3438ユーロ(約2093万円)で、米国人は18万4411ユーロだった。

この金額は1人当たりの純資産を測定し、そこから債務の平均値を差し引いた。アリアンツの調査によると、総資産でみればスイスは26万6318ユーロと依然として高く、それに対し米国は22万7364ユーロだった。

インフォボックス終わり

ファクトチェック スイス人の大半が金持ちというのは本当か?

読者からスイスインフォに、「収入が低くて基礎医療保険料といった基本的な生活費を払えない人がスイスにもいるという話は本当なのか?」という質問や、「スイスの多くの人はお金持ちなのか?」という投稿が寄せられた。スイスインフォが検証する。 

swissinfo.ch/ts

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。