Jump to content
Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

サイバー攻撃


ハッカーの標的になったスイスの兵器製造会社「ルアク」とは?




スイスの兵器製造会社「ルアク」が受けたサイバー攻撃では、スイス軍の特殊作戦部隊(DRA10)の極秘情報が盗まれた可能性もあるという (Keystone)

スイスの兵器製造会社「ルアク」が受けたサイバー攻撃では、スイス軍の特殊作戦部隊(DRA10)の極秘情報が盗まれた可能性もあるという

(Keystone)

国有の兵器製造会社ルアク(RUAG)が2014~16年にかけてサイバー攻撃を受け、約3万人の政府職員や国会議員の個人情報が盗まれた可能性がでてきた。スイス政府と密接に関わる、この兵器製造会社とはどんな会社なのか?

 1998年に民営化されたルアクは、過去10年間で国際的なテクノロジー企業として大きく発展した。現在9カ国で約8千人を雇用し、民間部門の売り上げが総売り上げの55%(2015年は17億5千万フラン、約1950億円)を占める。

 08年以降は航空宇宙部門に注力しており、スウェーデンの航空機・軍需品メーカー・サーブ社の宇宙部門やオーストリア・アエロスペース社、エリコン・スペース社を買収。ルアクは主に、商用ロケット「アリアン」や「ヴェガ」のペイロードフェアリング(ロケット頭部の覆い)の製造を請け負っている。

 その他にもルアクは、民間・軍事航空、弾薬製造、金属工学技術開発、防衛システムのメンテナンスという、四つの専門分野を持つ。

 民営化以降も同社とスイス政府との密接な関係に変わりはない。政府は唯一の株主であるとともに主要取引先でもある。ルアクは、連邦国防・国民保護・スポーツ省からスイス軍の装備や技術的なシステムのメンテナンスを全面的に委託されており、昨年15年は売り上げの32%を占めた。

 1990年代に民営化されたスイスコムやスイス郵便と同様、ルアクも、株主である政府に多額の配当金を払っている。16年の配当金額は4700万フランで、昨年の2100万フランから大幅に増えている。

 ルアクと政府は、情報管理の面でも密接に連携している。日刊紙ターゲス・アンツァイガーによると、同社は3万人の政府職員ならびに国会議員の個人情報を管理しており、ロシアのハッカーからサイバー攻撃を受けたと思われる2014~16年の間に、それらの情報が盗まれたと見られている。

 さらに問題が深刻なのは、盗まれた情報には国外で危険なミッションに携わるスイス軍の特殊作戦部隊(DRA10)のメンバーの個人情報が含まれていたことだ。現在のところ、このスパイ行為の全容は明らかになってはいないが、軍事計画や軍事作戦などの極秘情報や新たな軍事技術などが盗まれた可能性も指摘されている。

 政治的な面ではこれまでにも、ルアクの国外での危険な取引が、軍隊反対派や左派議員から繰り返し非難されてきた。また09年には、兵器輸出禁止を求めたイニシアチブ(国民発議)の是非を問う国民投票前のキャンペーン中に、国有企業であるルアクがイニシアチブ反対派に対し極秘に資金援助をしていた事実をヨゼフ・ラング議員(緑の党)が告発している。


(仏語からの翻訳&編集・由比かおり), swissinfo.ch

著作権

すべての権利を留保します。swissinfo.chウェブサービスのコンテンツは著作権で保護されており、私的使用目的でのみご利用いただけます。それ以外のウェブサービスのコンテンツ利用、特に拡散、変更、転用、保存、複写する場合は、swissinfo.chの書面による同意を必要とします。私的使用以外でご利用される場合は、contact@swissinfo.ch へご連絡ください。

私的使用以外の利用において唯一認められるのは、特定のコンテンツへのハイパーリンクを自分のウェブサイトや第三者のウェブサイトに設定することです。また、広告のない環境にswissinfo.chウェブサービスのコンテンツを原文のまま掲載することもできます。swissinfo.chウェブサービスでダウンロード用に提供しているすべてのソフトウェア、ディレクトリー、データ、およびそのコンテンツに対しては、私用の機器へのダウンロードや保存に限定した、譲渡不可能で非独占的な単純ライセンスを譲渡します。他のすべての権利はswissinfo.chに属します。特に、販売や商業的利用は固く禁止します。

×