Jump to content
Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

サッカー欧州選手権「ユーロ2016」


欧州選手権スイス代表、12国籍が一つのチームに


Thomas Stephens & Kai Reusser


国際色豊かなスイス代表チームを率いるブラディミル・ペトコビッチ監督はボスニア出身 (Keystone)

国際色豊かなスイス代表チームを率いるブラディミル・ペトコビッチ監督はボスニア出身

(Keystone)

サッカーの欧州選手権(ユーロ)が10日、フランス・パリで開幕する。スイスは今回も、出場24カ国のうちで最も国際色豊かなチームとなっている。スイス代表23人中、外国のルーツを持たない人はわずか9人だ。

 前回2012年の欧州選手権では予選敗退したスイス代表だが、今年は本大会出場を果たした。ヨーロッパの大舞台でカメルーンやコートジボワール、コソボ生まれの選手たちが、スイス代表の赤と白のユニフォームを着てプレーする。

 スイスとフランスの代表チームは、監督を含めるとそれぞれ15人が移民の背景を持つ。オンラインブックメーカー NetBet のデータによれば、スイス代表は外国で生まれた選手の数でフランス代表の2倍だ。

 (swissinfo.ch)
(swissinfo.ch)

 スイス代表の3分の1の選手は移民ではないが、もう3分の1は旧ユーゴスラビアの出身で、コソボ出身者だけでも4人。ちなみにコソボは今年5月3日に欧州サッカー連盟(UEFA)に加盟しており、今後それがスイスサッカー界にどのような影響を与えるのかが注目される。

 スイスにとって最初の試合となる11日(土)の対戦国はアルバニア。スイス代表のグラニト・ジャカ選手が、兄でアルバニア代表のタウラント・ジャカ選手と対決するという、珍しい試合になるかもしれない。


(英語からの翻訳&編集・由比かおり), swissinfo.ch



リンク

著作権

すべての権利を留保します。swissinfo.chウェブサービスのコンテンツは著作権で保護されており、私的使用目的でのみご利用いただけます。それ以外のウェブサービスのコンテンツ利用、特に拡散、変更、転用、保存、複写する場合は、swissinfo.chの書面による同意を必要とします。私的使用以外でご利用される場合は、contact@swissinfo.ch へご連絡ください。

私的使用以外の利用において唯一認められるのは、特定のコンテンツへのハイパーリンクを自分のウェブサイトや第三者のウェブサイトに設定することです。また、広告のない環境にswissinfo.chウェブサービスのコンテンツを原文のまま掲載することもできます。swissinfo.chウェブサービスでダウンロード用に提供しているすべてのソフトウェア、ディレクトリー、データ、およびそのコンテンツに対しては、私用の機器へのダウンロードや保存に限定した、譲渡不可能で非独占的な単純ライセンスを譲渡します。他のすべての権利はswissinfo.chに属します。特に、販売や商業的利用は固く禁止します。

×