ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

サッカー 「我々のワールドカップは死んだ」スイス各紙がロシア大会振り返る

フランス代表

サッカーワールドカップ・ロシア大会で優勝し、トロフィーを高々と掲げるフランス代表の選手たち

(Keystone)

「ヨーロッパの大勝利」「イライラするほど完璧な王者」、あるいは監督名にちなんで「デシャンピオン」―。今年のサッカーワールドカップ・ロシア大会の優勝杯はフランスが手にした。スイス各紙はディディエ・デシャン監督率いるフランス代表の勝利を誉めそやす一方で、大会の方向性に疑問を投げかけた。

 16日付のドイツ語圏の日刊紙NZZ他のサイトへは「今大会が今までで一番だったともてはやされるのは、一大スポーツイベントの最後のいわば決まりごと。ロシア大会も例外ではない」と指摘。その一方で、数々のスキャンダルにもかかわらず必要なインフラ整備が大会に間に合ったことなどに触れ「ロシアは非常に満足しているのかもしれない。大会前に指摘された懸念がほとんど現実のものにならなかったから」と評した。

W杯ロシア大会 サッカーワールドカップ、スイス8強ならず「酷い試合」国内紙が批判

サッカーのワールドカップ(W杯)は4日、決勝トーナメントが行われ、スイスはスウェーデンに0-1で敗れ、64年ぶりの8強入りを逃した。戦術、気迫に欠けた代表のプレーにファンも失望した様子で、スイスのメディアは「ひどい試合だった」とこきおろした。

 また「今大会が開催都市の住民に新たな経験をもたらし、外国人に対する見方を変えたかもしれないが、それ以外は以前のまま。大会を開催したからと言って変化が持続するかというと、それは定かではない」と手厳しい評価を下した。

 ただ試合後の優勝国の祝福にあたっては「完全に政治と一線を画していた」と評した。「ロシア政府は、2014年のソチ冬季五輪前のときのような政治的行為をするという誘惑に屈しなかった」と振り返った。

 最後に、プーチン大統領を「驚くほど自制していた」「最終的には、大会前に危惧されていたほど『プーチン大統領のゲーム』にはならなかった」と評価した。

「結束の瞬間」

 チューリヒが本社の日刊紙ターゲス・アンツァイガーは「フランスは(クロアチアに)4-2で勝ち、ワールドカップは終わりを迎えた。今大会では、大会を観戦したいという人がそもそもいるのか、というのが当初の大きな疑問だった。ロシア、プーチン大統領、人権を巡る議論、報道の自由、暴力、同性愛への嫌悪、クリミア、シリア、人種差別、腐敗。そんなものと夏を過ごしたいという人はいるのだろうか、と」と辛らつだ。

 だが「結局、この4週間半の大会期間中にこうした議論は起きなかった。プーチン大統領は一歩下がって、ロシア国民が笑顔で自身を世界に紹介し、そのホスピタリティを見せる機会を作った」。

 ただ、それにもかかわらずロシアは変わらなかったと指摘。「単にワールドカップを開催したことで変化を遂げた国はないからだ」と冷めた見方だった。

 ドイツ語圏の大衆紙ブリックは、20年前の優勝国でもあるフランスにとって、今回の結果が自国にどんな意味をもたらすのかという視点で論じた。

 同紙は「フランスはこの結束の瞬間を楽しむべきだ。ワールドカップを制すれば国民が一つになれる。(優勝には)そういう力がある。1998年のときもそうだった。しかし、それは一過性のもの。希望は早々に忘れるべきだ。サッカーでは、国内のインテグレーションに絡む社会問題を解決できない。他の国もそれは同じ」と論じた。

フランスとロシアの首脳

フランス代表選手の戦いぶりをたたえるマクロン仏大統領(右)。左端はロシアのプーチン大統領

(Keystone)

消化可能?

 「これは最期のワールドカップだ」。ジュネーブ州の日刊紙トリビューン・ド・ジュネーブの社説にはこんな悲観的な見出しが躍った。

 「次の冒険まであと4年待たなければならない。ただ(次の大会は)全く違うものとなるだろう。我々の知るワールドカップは死に、地に埋葬される」

 1982~98年大会の出場枠は24チームで、1998年以後は32チームに増えた。同紙は「決勝という夏の集まりに招待されるのは、決まってサッカー界のエリートたち。しかし、それはもう(過去の)歴史となる。ページはめくられ、今後の章がどんな内容になるのか、私たちには分からない」と述べた。

 2022年大会はカタールで開かれる。6、7月は酷暑が予想されるため、開催時期を11、12月にずらすことになった。これについて同紙は「一つ目の革命だ」と評価した。

 二つ目の「革命」は、その4年後の2026年大会が米国、カナダ、メキシコの3カ国共催となり、出場チームが48カ国に増えることだという。

 「ビジネスの論理が前面に出た。つまり出来るだけ多くの国を参加させるという点だ。『速いサッカー』なら、倍の量でも人は喜んで飲み込む。それが消化可能であるかは、じきに分かるだろう。だが疑問もある。正直言って、32チームによるワールドカップは質的に物足りない部分が多かった」(同紙)

 ローザンヌを拠点とするフランス語圏の日刊紙ル・タン他のサイトへは「スイスから見ると、フランスは普段表に出さないクオリティ(質)を示した。それは謙虚さ、連帯、妥協と忍耐力だ」とし、それがフランス代表を優勝に導いたと分析した。

 同紙はその謙虚さや連帯などが「再びなくなることのないよう望みたい。傲慢さと自慢への誘惑は、穏やかな勝利への妨げとなる。デシャン監督率いる郊外生まれの白人、黒人によるフランス代表は、(過去への)回帰を避け、自身の成功に驕ることなどをしなければ、より尊敬の的となるだろう」と論じた。

 フランスの優勝については「これらの多様な才能が正しく調和したとき、私たちは大いなる隣人に信頼と祝福を送ろう。デシャン監督のチームに『ブラボー』と賛辞を送り、このフランスの可能性を歓迎する」と述べた。

(英語からの翻訳・宇田薫)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。