ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

サーカス・モンティ スイスの多角経営型サーカス

Zirkuswagen im der untergehenden Sonne

どうすれば伝統的な企業が現代社会で生き永らえることができるのか?スイスのサーカス・モンティの稼ぎ頭は空飛ぶ曲芸師でも踊る猛獣でもなく、多角的なビジネスモデルだ。

「ピエロのモンティ」に扮したグイド・ムントヴィラー。1999年

(Circus Monti)

「ピエロのモンティ」と称する道化師が1984年に立ち上げたサーカスは一風変わっていた。壮大な曲芸の数より、詩的な演出に力を入れたことだ。1985年、「詩的な装いのサーカス」が初シーズンを迎えた。

1年前にサーカス・モンティが新調したテント他のサイトへは、真ん中のマストがない。2本のアーチが外からテントを引っ張る。ステージは広がり、どの座席からも良く見えるようになった。サーカスはこのテントを他の文化イベントや音楽祭に貸し出している。

モンティは様々な大きさ・色・形のテントを年間45個以上貸し出す。企業としてイベントのインフラやテント設営を請け負い、欧州最大のサーカス関連サービス業者の1つになった。

サーカスはトラック6台、トラクター3台、セミトレーラー2台、ワゴン車9台、キャンピングカー30台を所有する。テントや会場の設営を進めるには、正確な調整が求められる。

シーズン中は65人の従業員が演技場に立つ。テント設営や水道・電気の配線には全曲芸師と従業員が総出で当たり、荷馬車の積み下ろしを行う。和気あいあいとした雰囲気で、誰もが協力し合う。

手品を練習するクリストフ・ムントヴィラー団長

(swissinfo.ch)

サーカスの団長を務めるクリストフ・ムントヴイラーさんは「ピエロのモンティ」の息子で、家族企業の社長でもある。毎年、世界各国から集まった曲芸師とともに巡業に出る。個々の演目を一つのショーに仕上げるのは外部の監督の役割だ。練習は新しい宿営所で8週間続く。自前の音楽隊の奏でる音楽がショーを華やかに演出する。

2004年まで、ニクラウス・ムントヴィラーさんの馬の曲芸はプログラムの目玉演技だった。珍獣を駆り出したことはこれまで一度もない。代わりにステージで活躍するのはスイスのヤギやロバ、羊、アヒル、カモ、ニワトリやモルモットなどの家畜たちだ。2011年以降、サーカス・モンティは動物を一切飼わなくなった。

サーカスの3本目の収益柱はエンターテイメントとレストランだ。冬の間、宿営所では「モンティ・バラエティ」が開催される。ケータリングと音楽と芸術的なショーが一体となったイベントだ。こうしてサーカス・モンティはオフシーズンでも収益をあげることができる。巡業中もサーカス見学付きのディナーや休暇期間中はサーカスワゴンでのキャンプを提供している。

Jour de fête(祝いの年)他のサイトへ」をテーマにした2019年の巡業は8月9日、アールガウ州ヴォーレンから始まる。

キャンピングカーの並ぶ駐車場

サーカス・モンティの宿営所はワークショップやリハーサル、駐車場、イベントにも使われる

(swissinfo.ch)


(独語からの翻訳・ムートゥ朋子)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。