(Keystone)
(Keystone)

スイスの製造業は強力な基盤を維持しているが、今日労働人口の半分以上がサービス産業に従事している。

かつてスイスは農業国だったが、職人技能の伝統を基に工業を発展させた。そしてさらに工業は知的産業へと発展した。

この結果、銀行、保険、観光を中心とするサービス産業に新たな重要性が生まれた。

観光

スイス全国において観光は雇用を生み出す重要な産業。工業発展があまり期待できない地方に活気をもたらし、国外からやってくる季節労働者を多数雇用する。しかしスイス人自身もまた観光業とサービス業を支える顧客。カフェやレストランを利用し、冬のアルプスでは一家そろってスキーを楽しむ。スイス政府観光局は、さまざまなレジャーを楽しめるスイスの魅力を宣伝している。スイスの観光についての詳しい情報はスイス政府観光局の公式サイト(日本語)を参照。

銀行

銀行もまたサービス産業の大きな柱。特にジュネーブとチューリヒは銀行業と投資ビジネスの長い歴史を持っている。

あらゆる形態の資産運用がスイスの銀行業の基本。これは2大銀行のUBS銀行やクレディスイス銀行(Credit Suisse)だけでなく、プライベート・バンキング業務に特化した多種多様な銀行にも当てはまる。

スイスの銀行は、「顧客を知る」ことを厳しく義務付けている世界でも数少ない銀行の一つ。口座を開く顧客の身元と預金の実質的な所有者の身元の確認が義務付けられている。

スイス政府は、経済協力開発機構(OECD)の「OECDモデル租税条約」特に税金に関する情報交換を規定した第26条を長年留保していたが、2009年3月にOECDの基準に従う意向を発表した。それによって銀行の守秘義務の伝統は大きく変わった。

それまでスイスは脱税事件では他国に協力をしてきたが、2011年以降は納税回避を含む税金関係の違法行為すべてについて、捜査協力を行うことになった。

金融政策および銀行の守秘義務に関する詳しい情報は、連邦財務省(EFD/DFF)のサイト(英/独/仏/伊語)を参照。 

スイスの銀行業界についての詳細は、スイス銀行協会(英/独/仏/伊/露語)またはトランスペアレンシー・インターナショナル・スイス(Transparency  International Switzerland)(英/独語)のサイトを参照。

保険

保険業もサービス産業の重要なセクターの一つ。スイスの保険会社は世界中でビジネスを展開している。特に再保険などの特殊な分野では世界をリードしている。スイスは保険業のパイオニアで、スイス人自身もまた他国の国民より多くの保険に入っている。

スイスの主な保険会社は、「アクサ・ヴィンタートゥール(Axa Winterthur)」、「チューリヒ(Zurich)」、「バロワーズ(Bâloise)」、「ヴォードワーズ(Vaudoise)」など、創設された町や州の名前が社名になっている大半の保険会社が生命保険を含む多種の商品を提供しているが、一般の保険会社のリスクを引き受ける再保険に特化した保険会社もある。

保険業界についての詳しい情報は、スイス保険協会(ASA/SVV)のサイト(英/独/仏語)を参照。

このほかにも、工業や商業に関連したサービス業が多数あり、特に都市部での雇用を創出している。

swissinfo.ch