ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

シュヴィンゲン スイス相撲全国大会、史上最高齢34歳の新王者

クリスティアン・シュトゥッキさん

シュヴィンゲン2019年大会で優勝したクリスティアン・シュトゥッキさん(えんじ色のシャツ)

(Keystone / Ennio Leanza)

スイス相撲シュヴィンゲンの全国大会が25日、ツークで行われ、クリスティアン・シュトゥッキさん(34)がチャンピオンに輝いた。

シュヴィンゲン他のサイトへはレスリングの一種でスイスの国技。牛やヤギの放牧のため、夏を山で過ごす牧夫たちの娯楽として始まった。全国大会は3年に一度開かれる。

シュトゥッキさんは25日午後の決勝に出場。約40秒でスイス中部出身の新顔ジョエル・ヴィッキさん(22)の背中を地面に付けた。

シュトゥッキさんはスイス公共放送(SRF)のインタビューに「自分でも信じられない。でも本当にうれしい」と興奮冷めやらぬ表情で語った。

シュトゥッキさんは2013年大会でも決勝に進出したが、マティアス・ゼムパッハさんに敗れている。34歳のチャンピオンは過去最高齢だ。

クリスティアン・シュトゥッキさん

優勝を決め、観衆の声援にこたえるシュトゥッキさん

(Keystone / Ennio Leanza)

新王者となったシュトゥッキさんには、優勝賞品の雄牛が贈られた。

優勝賞品の牛

ウエリ・マウラー大統領(右)から優勝をたたえられるシュトゥッキさん。賞品はもちろん牛

(Keystone / Ennio Leanza)

19世紀末に始まったこの伝統的な夏祭りは3年に1回開催され、メディアでも大きく取り上げられる。

リングはおがくずでできている。相手がはいている短いズボンをつかんで引き倒し、背中を地面に付ければ勝ちだ。シュヴィンゲンはスイス国外ではほとんど知られていないスポーツだが、スイスにルーツを持つ外国人の出場者も時に出てくる。

スイスにはほかにも、伝統の石投げ競技や、ゴルフと野球を合わせたようなスポーツ「ホルヌッセン」がある。

主催者によると、23~25日の期間中の参加者は40万人以上。スポーツイベントとしては国内最大だ。

本物の王

大会は人々の交流促進のほか、国の結束を強め、スイスのアイデンティティーを祝う祭りでもある。その一方で、このイベントを存続させるべきなのかどうか、と議論を投げかけたメディアもある。

今大会には、ツークとの個人的なつながりが縁で招待されたトンガの王が出席した。

次回大会他のサイトへは2022年、バーゼル近郊のプラッテルンで開かれる。

Keystone-SDA/swissinfo.ch/ilj

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。