主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

人事 スイス財務官に初の女性

スイス政府は16日、連邦財務省国際金融問題局の新局長にダニエラ・シュトッフェル氏(50)を充てると発表した。就任は3月1日。同局長に女性が就くのは初めて。

このコンテンツは2019/01/18 13:18に配信されました

社員のネコババ 裁判所の許可なし監視カメラ 窃盗容疑の証拠として不十分

連邦最高裁判所は、職場における犯罪の証拠収集に警察が監視カメラを使用する場合、事前に検察庁と裁判所によって承認されなければならないという判決を下した。

このコンテンツは2019/01/18 10:00に配信されました

関連コンテンツ

以下のコンテンツは、役に立ちそうな情報のトピックや記事を掲載しています

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

生物多様性 スイスの「今年の鳥」は絶滅危惧種のタゲリ

スイスでは約15年前にほぼ絶滅したとされていたチドリ科のタゲリが「今年の鳥」に選ばれた。鳥類保護団体の「バード・ライフ」が選出した。タゲリは日本でも一部の地域でレッドリスト指定を受けている。 

このコンテンツは2019/01/17 10:30に配信されました

デジタル民主主義 スイスで投票情報アプリが誕生 投票率アップになるか?

スイス政府は、国民・住民投票に関する情報と投票結果が一覧できるアプリを開発した。1800年代までさかのぼる過去の情報も検索できるという。 

このコンテンツは2019/01/16 11:00に配信されました

正当な労働の対価 越境労働者、給料の為替リスクは誰が負う?

スイス連邦裁判所は、従業員にユーロで給料を支払う企業は、為替変動でフランでの支払額より目減りしてしまった場合でも、差額を穴埋めする必要はないとの判決を下した。

このコンテンツは2019/01/16 10:45に配信されました

WEF2019 トランプ大統領の欠席はダボス会議にプラス?

トランプ米大統領やマクロン仏大統領が出席をキャンセルした世界経済フォーラム(ダボス会議)。大物のキャンセルで開催地のダボスは大損害を被るかと思いきや、スイスメディアの分析ではそうでもなさそうだ。

このコンテンツは2019/01/15 12:11に配信されました

高級時計が勢ぞろい 時計見本市ジュネーブサロンがスタート スイス・ジュネーブ

国際高級時計の見本市ジュネーブサロン(SIHH)が14日、ジュネーブでスタートした。今年35社のブランドが自社の新作を披露する。

このコンテンツは2019/01/15 11:00に配信されました

交通機関・道路の遮断も ダボスを含むスイス東部で雪崩の恐れ 最高レベル雪崩警報

スイスの連邦森林降雪国土研究所は14日、人気スキーリゾート地ダボスを含むスイス東部広域に最高レベル5の雪崩警報を発令した。

このコンテンツは2019/01/14 11:45に配信されました

求められる警察間の協力 スイスのネット児童ポルノが増加

スイスで児童ポルノの疑いがあるケースが増え続けていることに対し、児童虐待に取り組むNGOが懸念を表明した。

このコンテンツは2019/01/14 10:41に配信されました

グルリット・コレクション ナチス略奪の絵画 ユダヤ人相続人に返還へ

ナチスによって略奪されたトマ・クチュールの絵画は、美術収集家グルリットが秘蔵していた作品の一つ。この貴重な「グルリット・コレクション」は後にベルン美術館に継承され、今回、ドイツに住むジョルジュ・マンデルの相続人に返還された。マンデルはユダヤ人政治家かつレジスタンス指導者だった。

このコンテンツは2019/01/11 13:00に配信されました

新旧技術の合体 スイスの老舗時計メーカー、仮想通貨のウオレット機能つき腕時計を開発

1718年創業のスイスの時計メーカー、A.ファーブル&フィスが、仮想通貨を保管するウォレット機能を持った腕時計を開発した。

このコンテンツは2019/01/11 11:13に配信されました

不穏な傾向 軍事武器が107丁紛失 紛失する武器は増加

スイス国防省は8日、昨年、アサルトライフル(突撃銃)とピストルが合計107丁紛失したと明らかにした。 

このコンテンツは2019/01/10 11:10に配信されました

決算 スイス中銀、2018年は1.7兆円の赤字に

スイス国立銀行(中央銀行)は9日発表した決算速報で、2018年は約150億フラン(約1兆7千万円)の赤字になるとの見通しを示した。フラン高・外貨安が進んだことで、保有する外貨資産の評価損が下がったことが主な理由だ。

このコンテンツは2019/01/09 15:09に配信されました

医薬品 スイスの病院でモルヒネ使用が増加

スイスの外来治療におけるモルヒネ消費量は、2017年に7割増加した。スイス最大の健康保険会社ヘルサナがバーゼル大学病院と医学薬学研究所と共同で調査を行った。

このコンテンツは2019/01/09 10:00に配信されました

多国籍企業 スイス外相アフリカ訪問 グレンコア鉱山視察を封切りに

スイスのイグナツィオ・カシス外相がアフリカ訪問の最初の視察地、ザンビアに到着した。5日間の視察にはジンバブエと南アフリカも含まれる。

このコンテンツは2019/01/09 7:29に配信されました

トップ・オブ・ヨーロッパ ユングフラウヨッホ鉄道 記録的な訪問者数

ヨーロッパの最高地点にあるスイスのユングフラウヨッホ駅にアジアから多数の観光客が訪れ、記録的に来訪客数を伸ばした。昨年ユングフラウ登山鉄道を利用した観光客は106万7千人で、過去4年間で100万人を越えたのは3回目となった。

このコンテンツは2019/01/08 8:30に配信されました

イニシアチブ「目標達成」か? EU銃規制法の採用可否を国民投票へ NZZ紙報じる

銃の所有権に関する欧州連合(EU)の法律を加盟国ではないスイスも採用すべきか、スイス有権者の民意が問われる見込みだ。スイスの日曜紙2紙は6日、立法の変更に反対するイニシアチブ(国民発議)が国民投票に十分な署名数を達成したと報じた。 

このコンテンツは2019/01/08 6:30に配信されました

動物愛護 ヨーロピアン・パーチが「今年の魚」に

ヨーロピアン・パーチがスイスの2019年の「今年の魚」に選ばれた。ドイツ語圏でエグリ(Egli)、フランス語でペルシュ(Persche)と呼ばれている。

このコンテンツは2019/01/07 8:56に配信されました

幻想的な光 2019年アニマル・オブ・ザ・イヤーはグローワーム

世界的に昆虫が激減していることを受け、スイスの環境保護団体プロ・ナチュラは3日、グローワームをアニマル・オブ・ザ・イヤーに選出した。虫に対する人々の意識を高めることを狙う。

このコンテンツは2019/01/07 8:30に配信されました

スーシュ美術館 スイス・ダボス近郊の修道院がモダンアート美術館に

スイス南東部エンガディン地方の村・スーシュに、現代美術を専門とする新しい美術館が2日に開館した。

このコンテンツは2019/01/04 11:21に配信されました

ウィンタースポーツ好調 年末年始スキー客でにぎわう山岳リゾート

好天気と良い雪の状態に恵まれ、クリスマスと新年にかけ多数のスキー客が山岳リゾート地を訪れた。

このコンテンツは2019/01/04 10:41に配信されました