ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

シリーズ「私たちは在外スイス人」 ロンドンで天職を見つけたスイス人アーティスト

ロンドンに移住し、自らファッション誌を創刊したノエミ・シュヴァラーさん。スイスを離れた理由、ファッション誌創刊までの道のり、そして現在の故郷に対する思いについて語ってもらった。

Noémie 1

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

A photo posted by Noé Mie (@_noemies) on

スイスインフォ: いつ、何が理由でスイスを離れたのですか?ロンドンでの最初の数ヶ月はどのような日々でしたか?

シュヴァラー: デザインと建築分野のジャーナリストとして働いた後、2010年の夏、イギリスに来ました。 ロンドン・カレッジ・オブ・ファッション他のサイトへで、ファッション・ジャーナリズムの修士号を取得するためです。

9月はロンドンも晴れの日が多いので平気ですが、暖房の効く断熱効果の高いアパートに慣れていたので、冬は厳しく感じます。ここに来る以前、私はスイスという国、そしてスイスの視野の狭さから逃れたくて世界中を旅していました。ここが自分の家だと感じた場所はいくつかありますが、繰り返し行っては一時的に滞在するだけであっても、私にとっての本当の故郷はやはり、チューリヒです。

スイスインフォ: 修士論文で発表したファッション誌「ダッシュ」のコンセプトは受賞に輝き、シュヴァラーさんが編集長となって発刊された同誌は、現在スイスでも販売されています。どのようにして、これら全てのことが起きたのですか?

シュヴァラー: 「ダッシュ」他のサイトへの創刊は、素晴らしい旅のような出来事でしたが、何よりもまず大変な苦労の賜物でした。オーバーに飾り立てるつもりはありませんが、私には、このクリエイティブな環境や反響のない生活は考えられません。私は、幸運にも素晴らしい人たちとの共同作業のおかげで、わくわくするような成果を上げることができました。他の分野でもこのようにやれれば素晴らしいし、世界ももっと開けるのにと思います。

外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

A photo posted by Noé Mie (@_noemies) on

スイスインフォ: イギリスに長く滞在することになると、最初からわかっていたのですか?

シュヴァラー: 最初は15カ月の滞在予定だったのが、今ではもう84カ月になりました。一般的に7年目にやってくると言われる倦怠期は、私のロンドン生活も起こりそうでしたが、結局は落ち着きました。英国籍の申請は、もちろん今でも可能です。でも「Brexshit(※)」が起きてしまったので…。

(※英国が欧州連合(EU)離脱を決定した際、「Britain(英国)」と「Exit(脱退)」を組み合わせた「Brexit(EU離脱)」という新語が誕生したが、シュヴァラーさんは「Brexit」と「shit(くそったれ)」をあわせた「Brexshit」という俗語を使って、EU離脱決定を批判している)

スイスインフォ: どんな気持ちでスイスを離れたのですか?

シュヴァラー: 今がよいタイミングだなと。

スイスインフォ: EU離脱決定後の政治情勢はいかがですか?ロンドンは特に離脱に反対していましたが。

シュヴァラー: うまく行くのかわからないし、先行きも不透明なままです。それに嘘が多いですね。

スイスインフォ: イギリスは、どのような点でスイスよりも魅力的ですか。

シュヴァラー: ロンドンに限定して答えると、人々がオープンで礼儀正しく、人口構成が多様で変化に富んでいて、皆が常に新しいことに興味を示すところが魅力的です。また、ここには想像を絶するほど沢山の良質な展覧会や素晴らしいレストランがあります。

スイスインフォ: 現在、スイスをどのように評価しますか。

シュヴァラー: スイスは、可愛らしいけれど強い国だと思います。しかし、残念なことにフレンドリーではないことのほうが多いし、視野も狭い。スイスの人たちには、自分たちが何を持っているか見えていないのが本当に残念です。問題が小さければ小さいほど、当事者たちにとっては、ますます重大なことに思えるのでしょう。もっと広い視野で物事を考えられればよいですね。

スイスインフォ: 今でもスイスで行われる選挙や国民投票には参加していますか。

シュヴァラー: 必ず参加します。私は、投票を市民の義務だと考えています。スイスみたいに贅沢な直接民主制という政治システムを持ちながら、それに参加しないのは本当に愚かなことです。 私は政治に対して積極的な環境で育ちましたが、今後もそうであり続けたいです。

スイスインフォ: スイスで恋しいと思うものは?

シュヴァラー: たくさんあります。新鮮な空気、面白い言い回し、チューリヒのリマト川沿いの夏、短時間で移動できること、快適な高い生活レベル、アルプス山脈での散策、大好きで大切な人たち、清潔さ、それから絶対に忘れてはならないのは、広くて断熱効果が高いアパート。スイスのチョコレートは、最近ではどこの空港でも手に入れられるので、懐かしくはないですね。


(英語からの翻訳・門田麦野), swissinfo.ch

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×