ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスと日本をつなぐ 「ベリンツォーナに本物を」日本から飛騨古川祭を招待、長年の願い叶う

ティチーノ州ベリンツォーナで披露された飛騨古川祭の浦安の舞

ベリンツォーナで披露された「浦安の舞」。2018年4月14日撮影

(©Matteo Aroldi Photography - matteoaroldi.com -)

スイス南部ティチーノ州ベリンツォーナで14、15日の2日間、日本の文化を紹介する「ジャパン祭(Japan Matsuri)」が開かれ、スイスや隣国イタリアなど欧州各地から過去最高の約9千人が来場した。14日には、400年の歴史を持つ岐阜県飛騨市の「古川祭」を日本から初めて招待し、巫女の衣装を着た女性たちが優雅な舞を披露した。

 古川祭他のサイトへは岐阜県飛騨市古川町の気多若宮神社の例祭で、祭りの「起し太鼓・屋台行事」は国の重要無形民俗文化財に指定他のサイトへ、並びにユネスコ無形文化遺産に登録されている。ジャパン祭他のサイトへでは「獅子舞」と二人の巫女による「浦安の舞」を披露。古川祭の映像もプロジェクターで流した。主催者代表のシェイラ・ムッジャスカさんは、本物の日本の祭りを呼ぶ長年の夢が叶ったと喜び、「圧巻のパフォーマンスだった。今回は祭りの一部だけしか紹介できなかったが、今度は祭り全体を招待できれば」と話した。

 開催期間中、舞台では世界で毎年250以上の公演を行う「寶船(宝船)」の阿波踊りや、太鼓演奏、コスプレコンテストなどのステージが観客を魅了。指圧や日本犬を紹介するブースもあった。また、イタリア語圏の日本人会と日本文化交流会でつくる「カメリア会」と共同で、茶道や弁当作りの実演のほか、来場者が折り紙、書道を学ぶワークショップも開かれた。すしやたこ焼き、甘味などの日本食を堪能できる「ストリートフード」コーナーは特ににぎわったという。

 ジャパン祭りは「ジャパン祭協会(Japan Matsuri Association)」が主催。毎年4月に開いており、今年で7回目。2011年3月の東日本大震災後、日本に興味関心を持つ青年有志が立ち上げた。さまざまな日本の文化をPRし、日本と世界の国・文化との交流促進を目指す。同祭はあしなが育英会の活動「東北レインボーハウス他のサイトへ」を通じ、幅広い年齢の震災津波遺児を支援している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。