ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスのホテル ホテル宿泊料金、欧州一はジュネーブ

ジュネーブの「ホテルプレジデントウィルソン」

ジュネーブの「ホテルプレジデントウィルソン」のロイヤル・ペントハウス・スイートは1泊の宿泊料金が世界で最も高い

(Keystone)

ジュネーブの宿泊料金が1泊あたり平均242.90ユーロ(約2万7千円)と、欧州一高いことが国際的な調査で分かった。

 ジュネーブの次にパリ(232.30ユーロ)、チューリヒ(203.90ユーロ)が続いた。ジュネーブのホテルプレジデントウィルソンのロイヤル・ペントハウス・スイートは1泊約80万フランと世界最高額。これが平均の宿泊料金を押し上げた。コンサル会社プライスウォーターハウスクーパース(PwC他のサイトへ)がまとめた欧州のホテル産業に関する調査他のサイトへによると、スイスのホテルの宿泊料金がこれだけ高い要因の一つにはフラン高があるという。

 ただ、高額な宿泊料金が客足に影響を及ぼしているわけでもない。スイスの五つ星ホテルでつくる団体「Swiss Deluxe Hotels他のサイトへ」が昨年の会員42施設の宿泊件数を調べた調査他のサイトへでは、ジュネーブ、チューリヒなど、スイス国内にある高級ホテルは計127万9467人泊で、前年比9.75%増と好調だった。収益も前年比7.25%増の15億6千万フランに上った。

 国内からの宿泊者は37万5089人泊(前年比11.4%増)で全体の約3割を占めた。そのほかの国・地域は件数ではスイスに及ばなかったが、日本や韓国、シンガポールなどのアジア諸国(中国は除く)は前年比74.4%増と飛躍的な伸び。インド(26.9%増)、ドイツ(22%増)、中国(16%増)、米国(12.4%増)も軒並み好調だった。

高物価のスイス 物価の引き下げに奮闘する連邦価格監督官

スイスには価格監督官という公職があるのをご存知だろうか。消費者にとって不利益になる不当な価格と闘うことが仕事だ。価格監督官とは何者なのか。価格を下げる余地はどこにあると考えているのだろうか。2008年から価格監督官を務めるシュテファン・マイヤーハンス氏(49)に話を聞いた。


swissinfo.ch/mga

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。