ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスの冬季観光150周年 雪と、太陽と、星たちと

150年前、雪で覆われたアルプス山脈は誰も訪れることのない、ただの広大無辺な場所だった。その後、澄んで乾いた山の空気が健康に良いことから、肺疾患の患者が保養地として訪れるようになった。そして彼らが再び健康を取り戻す頃には、そこでの冬の素晴らしさにすっかり虜(とりこ)になっていた。スイスのウインター・ツーリズムのはじまりだった。

スイスのウインター・ツーリズムは、グラウビュンデン州のサン・モリッツとダボスの保養地が出発点だ。スイス国内だけでなく世界中から人々が訪れたが、特にイギリスやドイツからの訪問者が多かった。スケートリンクやそり滑り用滑走路の第1号が設置され、華やかなホテルが建てられた。雪上や氷上の競馬も人気を博した。スキーが行われるようになったのは、そのあとだ。

スイスの地理とその美しい山並みの景観は、スイスがウインター・スポーツのメッカとして今日も親しまれるわけの一つだ。ピッツ・ベルニナ、アイガー、メンヒ、ユングフラウ、マッターホルンなど、名峰は数多い。

それらのスイスの山々は年を追うごとに変化を遂げてきた。まず山道が作られ、鉄道が通るようになり、やがて山荘が建てられた。ウインター・ツーリズムはそうしてアルプスの自然環境に変貌をもたらした。残ったのはさんさんと輝く太陽の光と透き通った空気、そして(時に人工的ではあるが)白い雪だ。

NZZ出版から2014年に出版された「Schnee, Sonne und Stars(雪と、太陽と、星たちと)」では、世界中の人々を(とりこ)にしてやまないスイスのウインター・ツーリズムの歴史が写真に収められている。

(独語からの翻訳・大野瑠衣子)