ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスの列車 レマン・エクスプレスが15日開通

フランスースイス国境にまたがる新しい地域急行鉄道網「レマン・エクスプレス」の開通式が12日、開かれた。スイスのシモネッタ・ソマルーガ連邦運輸相は、国境を越えた鉄道網がスイスとフランス間の輸送に革命をもたらすだろうと語った。正式な開通は15日。

スイス側ではヴォー州コペとジュネーブ市内、フランス側ではジュネーブから南東約25キロに位置するラ・ロシュ・シュル・フォロンでそれぞれ、テープを切って開通を祝った。待望の地域鉄道網の完成だ。

ソマルーガ氏は式典で「レマン・エクスプレスは、地域住民の移動に革命を起こす。ジュネーブの顔を変える」と語った。

12月15日の午前5時5分に運用を開始する。同路線網はジュネーブ中央駅とフランスのオート・サヴォワ県アヌマッス市を結ぶほか、スイスのヴォー州、ジュネーブ西部のフランスのアン県にネットワークが広がる。45の駅と全長230キロメートルの路線から成り、国境を越えた地域鉄道網では欧州最大だ。

ジュネーブ

レマン・エクスプレスの路線図

(Léman Express)

関係機関は1日に5万人の利用者を見込み、新しい鉄道網が道路交通と通勤時間の削減に役立つはずだと期待する。 現在、フランスやヴォー州から約50万台の車両がジュネーブ市内に乗り入れており、ラッシュアワーの混雑が問題になっている。

ソマルーガ氏は式典で、フランスとの緊密な協力のおかげで複雑なプロジェクトが完成したと述べた。このプロジェクトは長年にわたる議論、計画の立案やそれに伴う反対を経て、建設には8年の歳月を要した。

ソマルーガ氏はこうした協力関係の強化に前向きで、両国で一つの機構を作り、資金提供や開発を促進したいという声もあると述べた。また、路線開発に向け、スイス連邦鉄道とフランスの国営鉄道会社SNCFが専門知識の共有を図ることを検討しているとも語った。


Keystone-SDA/sb

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。