ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスの宿泊施設 Airbnb(エアビーアンドビー) 利用3倍に

Swiss chalet

2017年11月以来、50カ国以上からスイスのAirbnb(エアビーアンドビー)に予約が集まる

(Keystone)

スイスでAirbnbの宿泊施設を利用する人の数は、過去3年間で3倍に膨らみ、90万人以上になったとAirbnbは明らかにした。

「空いている部屋や家を貸したい人」と「借りたい人」とのマッチングサイトAirbnbが発表した2018年の報告書によると、農村地域での普及率の上昇が成長の主な要因。過去1年間の統計では、アルプスの人気観光地での需要は都市の2倍だった。ウンターゼーン、クラン・モンタナ、シュクオールといったリゾート地は、予約率が最も成長した地域だった。

宿泊施設を提供する人の大半は一般人。ビジネス旅行者や観光客に、短期間だけ部屋や家をレンタルする(平均3.4泊)。

スイスのAirbnb

Airbnbが発表した「2018年スイスにおけるトラベルレポート」によると、スイスでは現在、合計3万5800件の宿泊施設がAirbnbを通じて利用可能。15年の1万4千件から大幅に増加した。

スイスのAirbnbで予約した利用客の平均年齢は38歳で、グループの人数は平均2.4人だった。

スイス国内からの利用客が大半で、今年は約20万人が本サービスを利用。2位は米国、3位は近隣フランスからの旅行者だった。

インフォボックス終わり

Keystone-SDA/swissinfo.ch

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。