ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスの政治家の日常 大統領にボディガードはいらない!ここはスイス

1人で電車を使い移動するブルカルテール・スイス大統領の写真がツイッターで話題になった。海外では驚きの声が広がっている。しかし、ボディガードをつけないスイスの政治家はブルカルテール氏が初めてではない。

スイスでは、閣僚が子どもだけをお供に、移動や買い物、映画やジョギングを楽しむ姿が普通に見られる。

首都ベルンが小さな街だからか、それとも控えめな国民性ゆえか、街を歩いたり自転車で通勤したりする閣僚は珍しくない。

しかし、近年は例外もあった。2007年に、右派国民党の政治家クリストフ・ブロッハー氏が「傘」で武装した9人の護衛を伴って国民党のイベントに出席。また元閣僚のミシュリン・カルミ・レ氏は2年前、突然ある男性からチョコレートケーキをぶつけられた。しかし、カルミ・レ氏はこの事件後も護衛はつけなかった。

スイス政府のセキュリティーは近年少し厳しいものになっているが、政治家がお忍びで出かけるような外国とは比較にならない 。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。