ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスの政治 スイス最年長91歳の女性議員に迫る

91歳の最年長の現職議員として、第一線で活躍する女性がいる。トゥールガウ州アルボン市議会議員のマーリース・ネフ・ホフマンさんだ。スイス公共放送(SRF)が、安楽死や中絶などの繊細な問題に深く切り込んできたネフ・ホフマンさんのキャリアを追った。(SRF/swissinfo.ch)

アルボン市議会他のサイトへの右派キリスト教民主党議員。とりわけ高齢者政策に力を入れる。長い政治キャリアの中で、過去に複数回、所属政党を変えてきた。

ネフ・ホフマン他のサイトへさんは弁護士で、もともとはトゥールガウ州議会の右派国民党議員を務めた。在職期間は20年に上り、同党の党員歴は50年とさらに長い。その後、左派の自由緑の党に短期間移籍し、2年前に無所属でアルボン市議会議員に当選。昨年夏、公式にキリスト教民主党へ籍を移した。

「笛のように鋭く」

得意分野は公共交通のあり方や認知症患者のデイケア施設についての政策だ。しつこく、情熱的で、妥協を許さない性格でもある。

ネフ・ホフマンさんの声は力強く「笛のように鋭い」と言われる。定期的にジムで体を鍛えてもいる。2008年に夫をパーキンソン病で亡くして以降、政治活動に打ち込んできた。息子のアンドレアスさんが政治活動を支える。

国境のボーデン湖南西に位置するアルボンは人口1万4500人。クロイツリンゲン、フラウエンフェルドに次いで、州で三番目に大きい自治体だ。

(英語からの翻訳・宇田薫)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。