ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスの映画祭 ロカルノ国際映画祭の芸術監督、ベルリン国際映画祭の共同ディレクターに

ロカルノ国際映画祭のカルロ・シャトリアン氏。2016年撮影

ベルリン国際映画祭のディレクター就任が決まったカルロ・シャトリアン氏。8月に開幕するロカルノ国際映画祭が芸術監督として最後の映画祭となる

(Keystone)

スイス南部ティチーノ州で毎年8月に開催されるロカルノ国際映画祭の芸術監督、カルロ・シャトリアン氏(46)が、ベルリン国際映画祭のディレクターに転じる。ジャーマン・フィルムズの社長、マリエッテ・リッゼンベック氏と共に、2019年5月に退任するディーター・コスリック氏の後任に就く。ドイツの文化メディア庁が22日、公式発表した。

 シャトリアン氏はイタリア出身。ジャーナリストおよび作家として活動後、2012年にロカルノ国際映画祭の芸術監督に就任した。

>>映画をこよなく愛するカルロ・シャトリアン氏

 6年以上にわたる在任期間中、世界中のコンペ出品作や人気ハリウッド映画など幅広い分野の作品をピアッツァ・グランデ(グランデ広場)でワールドプレミア上映するなど、過去の経験を生かしながら映画祭を指揮。ヨーロッパの映画ファンから厚い支持を受け続けた。シャトリアン氏の後任は決まっていない。

 同氏はメディアのインタビューでこれまで複数回にわたり、ベルリン国際映画祭の現ディレクター、ディーター・コスリック氏の後任にはならないという旨の発言をしていたことから、今回の就任は電撃的に捉えられている。

 ベルリン国際映画祭は仏カンヌ国際映画祭に並び、世界3大映画祭の一つとして知られる。評論家らは、シャトリアン氏がベルリン映画祭の改革という難しい課題に直面するだろうと話す。

 ベルリン国際映画祭は1980年から2001年までスイス人写真家で映画監督のモリッツ・デ・ハデルン氏がディレクターを務めた。

swissinfo.ch with SDA-ATS and DPA; urs

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。