ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスの時計産業 スイスの時計製造部門の労働人口 4年ぶりに増加

時計

時計製造はスイスを代表する産業の一つ

(Keystone)

スイスの時計製造部門の労働人口は4年ぶりに増加した。 2018年9月末は5万7812人で、前年比で2868人(5.2%増)増えた。

スイス時計産業従業員協会他のサイトへ(CP)が1日発表した年間調査で分かった。CPは報告書で「2017年までの3年間で従業者数が4168人(7.1%減)減ったが、18年は4年ぶりに増加に転じた」とした。

2018年は時計の輸出額も6.3%増を記録し、雇用を押し上げた

同協会は「雇用に関して言えば、ここ数年の失業数をほぼ穴埋めした。ただ今後も慎重な対応が必要だ」としている。

雇用を最も押し上げたのは製造スタッフ(2691人増、7.0%増)。管理職(152人増)、事務員(35人増)も微増した。

在宅勤務のスタッフは10人の減少(7.8%減)。同協会は 「在宅勤務はもともと100人ほどしかいないので、あまり大きな影響はない」とする。貿易の資格を持つ労働者の割合は5.7%増え、総労働力の46.9%を占める。

時計産業に従事する労働者が最も多い州はヌーシャテル州で1万5289人だった。ベルン州(1万2228人)、ジュネーブ州(1万77人)が続く。この3州とジュラ州、ヴォー州、ソロトゥルン州は「時計製造地帯」と呼ばれ、5万3075人が同産業で働く(全労働人口の約92%)。

CPによると、スイスの時計製造企業の数は、前回調査時の672社に比べ3.3%増の694社だった。販売拠点の拡大が主な理由という。

SDA-Keystone/ds

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。