ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスの航空救助隊「レガ」 15分以内に駆けつける航空救助隊、その活動の舞台裏

何千という人の命を救ってきたスイスの航空救助隊「レガ(REGA)」。その歴史は、スイスの救急活動の歴史そのものでもある。写真集「レガ-その舞台裏」では、1952年に設立されたスイスが誇る「空飛ぶ救急隊」の、当時から現在までの救助活動の様子を写した貴重な写真が収められている。

交通事故現場、仕事場、人里離れた農場、山岳地帯など、航空救助隊レガのヘリコプターは、ケガ人や遭難者を救助するためにあらゆる場所に出動する。そのレガに課せられた使命は「迅速さ」。出動要請を受けてから平均5分以内にヘリが離陸し、スイス国内のどんな場所にも15分以内に到着する。2014年だけでも、1万4500件近い救助活動を行った。

救助ヘリには、パイロットの他にも必ず医師と看護師が1人ずつ同乗する。国外で病気になったり事故にあったりした人をスイスに送還するのもレガの仕事だ。また、山地で働く農家の要請で、病気や死んだ家畜、雪のために身動きの取れなくなった家畜を山のふもとまで輸送したりすることもある。

国内13カ所に基地があり、困難を伴う救助活動をスムーズに行うため、24時間体制で職員約350人が働いている。緊急の救助活動に加え、ヘリ18機と専用ジェット3機のメンテナンスという仕事もある。救助にかかる費用は、保険と、全国で250万人にのぼるレガ会員からの寄付や会費でまかなわれている。年会費は30フラン(約3700円)で、この額はずいぶん前から据え置かれたままだ。

(写真・Rega、文・Renat Künzi、swissinfo.ch)

 

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。