ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスを写しだす鮮やかな白黒写真 日曜日へのオマージュ

写真に写っているのは普通の老若男女の姿だ。犬と一緒だったり、そり遊びの最中だったり、洗車中だったり、森の中にいたり、掃除中だったり、家庭菜園にいたり、ただ何もしていなかったりする。2002年の創刊当時から、ある日曜日の午後を切りとった白黒写真が日曜紙NZZ・アム・ゾンタークに掲載されてきた。その屋外写真展他のサイトへが現在、シュヴィーツ州で開かれている。

写真展はスイス中央部シュヴィーツ州にある、ラウエルツァー湖沿いの散歩道で開催されている。ある日曜日の午後を写しだした大判プリントの写真が、3キロに渡り展示されている。日曜紙NZZ・アム・ゾンタークの創刊から13年間で、165人のスイス人写真家が撮影した。700点に及ぶ写真のうちの190点を見ることができる。

この写真展が描き出すのは、ありのままのスイスの姿だ。フランス語圏、イタリア語圏、ドイツ語圏に関わらず、典型的なスイス人が、安息日とされている日曜日の午後に、家でどのように過ごしているかが見えてくる。

(写真・NZZ・アム・ゾンターク 文・Gaby Ochsenbein、swissinfo.ch)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。