各種データ

スイスに行くにはビザ(査証)が必要?スイスの通貨は?といったスイスに関する質問にお答えします。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

入国と出国

スイスに入国するためにビザが必要なときは? 観光客が滞在できる期間は? 約40カ国の国民は場合によってはビザは不要。 日本、アメリカ、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、イスラエル、シンガポール、ヨーロッパのシェンゲン協定加盟国、欧州連合(EU)および欧州自由貿易連合(EFTA) ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

税関

スイスはシェンゲン協定加盟により国境検問所でのパスポート検査を廃止した。しかし、通関検査は現在も施行している。 スイスのシェンゲン協定加盟によって、スイスと近隣諸国との間の水路や陸路を通じた往来が簡略化された。入域の際に取得したビザはシェンゲン圏全域で有効となる。 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

公館

スイスは大半の国と外交関係を結び、中立国として国際的な調停役を担うこともしばしば。例えば、キューバ・アメリカ間やイラク・アメリカ間など国交のない国家間の利益代表国を務めている。 各国の大使館の多くはスイスの首都ベルンにある。領事館はベルンのほか、チューリヒやジュネーブなどにある。 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

交通

交通渋滞が起きやすい場所、道路工事中の場所など、最新の道路事情やスイスの高速道路利用にあたり役立つ情報を紹介します。 高速道路を利用する際、スイスでは、1年間有効の(1月から12月まで)高速道路利用ステッカー(vignette ヴィニェット)を貼り付ける必要があります。詳細は、 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

天候

スイスの国土面積は比較的小さいが複雑な地形のため、同じ日でも天候は地域や高度によってさまざま。 ヴァレー/ヴァリス州の一方で肌寒い雨が降っていても、もう一方では快晴で暖かいという日もある。南風が吹き下ろすフェーン現象が起こると、温かく乾燥した空気が運び込まれ、 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

スイスの主要統計

スイスの人口は?使用言語は?最低生活水準は?知っておきたいスイスの基礎知識をまとめました。  スイスの人口は約833万人(2015年現在)と世界で97番目、国土面積は4万1277平方キロメートルで135番目です。  スイスで一番人口が多い都市はチューリヒ(約38万人)。 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

ご存知ですか?

外国人が持つスイスのイメージは、時計に始まり、チョコレート、アルプホルン、ハイジまで、型にはまったものが多い。だが、あまり知られていないスイスの顔はほかにもある。 「スイス」と聞けば、山、時計、チョコレート、銀行など多くのイメージが頭に浮かぶ。しかし、 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

スイスの歴史

スイスは、支配者の異なる領地が何世紀もの時間をかけて次第にまとまり、自治体のゆるやかな同盟から連邦国家へと発展した。 スイスは紀元前から異民族の侵入と支配を受け続け、神聖ローマ帝国の建国後はその支配下に置かれた。だが実際は、各地に残る有力諸侯が協力しながらそれぞれの支配地を治めていた。 ...