ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

基本情報

スイスに行くにはビザ(査証)が必要?スイスの通貨は?といったスイスに関する質問にお答えします。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

入国と出国

日本、アメリカ、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、イスラエル、シンガポール、欧州のシェンゲン協定加盟国、欧州連合(EU)および欧州自由貿易連合(EFTA)の加盟国など約40カ国の国民は、最高90日間までビザは不要。

税関

スイスはシェンゲン協定加盟により、加盟国内を移動する人に対する国境でのパスポート検査を廃止した。しかし、通関検査は現在も残る。 水路・陸路によるスイスと協定加盟国間の出入国が簡単になり、入域の際に取得したビザはシェンゲン圏全域で有効だ。 ...

公館

スイスはほぼ全ての国と外交関係を維持しており、米国やロシア、イランなどの国々の利益代表国を務める。 各国の大使館の多くはスイスの首都ベルンにある。ジュネーブやチューリヒに領事館を置いている国もある。

言語

スイスの公用語は、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語の四つ。英語はこれらの言語圏の橋渡しとして使われることも多いが、公用語ではない。 国民の約63%がドイツ語(標準語とスイス方言)、約23%がフランス語、約8%がイタリア語を話す。ロマンシュ語の人口は全人口の1%未満。 ...

スイスの主要統計

スイスの人口は?どんな言葉を話しているのか?最低生活水準は?知っておきたいスイスの基礎知識をまとめた。 スイスの人口は841万7700人(2016年末時点)で、人口では世界で97番目に多く、面積は135番目に大きい。 ...

スイスの歴史

スイスは、支配者の異なる領地が何世紀もの時間をかけて次第にまとまり、自治体のゆるやかな同盟から連邦国家へと発展した。 ...

産業

国際政治におけるスイスの影響力はわずかだが貿易国としては中位にランクされている。 2010年国際通貨基金(IMF)はスイス経済を世界第19位にランクした。スイスの同年の国内総生産(GDP)は約4870億4800万フラン(約44兆2000億円)。 ...

サービス産業

スイスの製造業は強力な基盤を維持しているが、今日労働人口の半分以上がサービス産業に従事している。 かつてスイスは農業国だったが、職人技能の伝統を基に工業を発展させた。そしてさらに工業は知的産業へと発展した。 この結果、銀行、保険、観光を中心とするサービス産業に新たな重要性が生まれた。 ...