主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

入国と出国

日本、アメリカ、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、イスラエル、シンガポール、欧州のシェンゲン協定加盟国、欧州連合(EU)および欧州自由貿易連合(EFTA)の加盟国など約40カ国の国民は、最高90日間までビザは不要。

スイス国籍取得

スイスの国籍法はここ20年間で大きく変わった。スイス人女性が外国人と結婚してもスイス国籍を失わずに済むようになったのもその一つ。ここではスイスの国籍取得について紹介する。 スイス国民になるには、基本的に出生、婚姻(ただし婚姻と同時にスイス国籍を付与されるわけではない)、帰化の3通りがある。 ...

税関

スイスはシェンゲン協定加盟により、加盟国内を移動する人に対する国境でのパスポート検査を廃止した。しかし、通関検査は現在も残る。 水路・陸路によるスイスと協定加盟国間の出入国が簡単になり、入域の際に取得したビザはシェンゲン圏全域で有効だ。 ...

公館

スイスはほぼ全ての国と外交関係を維持しており、米国やロシア、イランなどの国々の利益代表国を務める。 各国の大使館の多くはスイスの首都ベルンにある。ジュネーブやチューリヒに領事館を置いている国もある。

言語

スイスの公用語は、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語の四つ。英語はこれらの言語圏の橋渡しとして使われることも多いが、公用語ではない。 国民の約63%がドイツ語(標準語とスイス方言)、約23%がフランス語、約8%がイタリア語を話す。ロマンシュ語の人口は全人口の1%未満。 ...

難民申請

スイスは誰でも迫害からの保護を受けるために難民申請をできるが、申請者は難民という立場を証明するか、少なくとも信頼できる形で説明しなければならない。