暮らし

スイスに来たばかりの人にとっては、税制や健康保険制度を理解する、あるいはアパートをどうやって見つけるのか調べるだけでも大変なことかもしれない。また、定年後の隠居生活を例えばツーク市で、または結婚式をアルプスで計画している人にも役立つ暮らしの情報を満載。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

保険

スイスの保険会社は、加入義務のある医療保険から、車両保険や個人賠償責任保険まで、さまざまな種類の保険を提供しています。ここでは、医療保険をはじめとする加入義務のある保険および任意保険についてご紹介します。 医療保険 スイスには、日本の国民健康保険のような公的機関による保険制度はありません。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

住まい

スイスで自分にぴったりのアパートを見つけるコツをご紹介します。  一般的なアパート探しにはhomegateやImmoscout24などの総合的な住宅情報サイトが便利です。住みたい地域や家賃、部屋数、賃貸用・購入用など自分の条件にあった不動産を簡単に探すことができます。また、

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

生活費

スイスの生活費は世界最高水準だ。近年はスイスフラン高の影響で、チューリヒとジュネーブの生活費は実質、世界トップと考えられている。 2015年1月15日、スイス国立銀行(スイス中銀)がスイスフランの対ユーロ上限撤廃を発表。スイスフランが高騰し、

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

電車 

スイスでは、スイス国鉄(SBB/CFF)の鉄道網が広く発達している。全国隅々にまで行き渡るバス路線との連係も充実。 インターネットやiPhoneアプリを通して時刻表(英/独/仏/伊語)を閲覧、また各種クレジットカードで切符を購入できる。 多くの人々が電車、バス、船、

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

税金 

スイスの住民が収める税金には連邦税、州税、市町村税の3種類がある。これらの税率は一般的にヨーロッパのほかの国々より低い。州税の税率は、各州政府が定める。 スイス国民および定住許可証(C許可証)を所有する外国人は、給与から税金が自動的に差し引かれないため、毎年税金の申告が義務付けられている。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

運転

スイスの公共交通機関は非常に優れているが、欧州一の安全性を誇る道路交通網も全国を網羅している。 オートバイや車の運転免許証を取得できるのは18歳以上。バスの運転免許証は21歳以上。農作業車、モペット(ペダル付きのオートバイ)、スクーターなどの運転に関しては14~16歳でも許可が下りることがある。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

融和

外国人の「融和」は、専門的な響きを持った流行語になっている。外国人がスイス社会の中に居場所を見つけるための支援の仕方が頻繁に議論されている。 スイスは小国ながらも四つの公用語を持ち、外国人住民の比率が高く、帰化手続きには長期間を要する。スイスの独自性は、基本的な価値の共有と寛容を促進し、

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

結婚

スイスの婚姻手続きおよび同性間のパートナーシップ登録制度は役所でおこなう。カップルは両者共に18歳以上であることが条件で、また両者共に婚姻の解消を求める権利を有する。 スイス国籍を所有していないスイス在住のカップルがスイス国内で結婚するためは、

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

出生・死亡届

多くの国々と同様、スイス国内で発生した出生と死亡は、国籍にかかわらず当局に届け出なければならない。 出生届の手続きは、大概容易かつ自動的。死亡届は地域当局に届け出る。死亡者が外国人の場合、本国の大使館もしくは総領事館へ死亡届を提出する。 出生届 出生届は、

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

定年退職

低税率、確かな治安、美しい自然、優れた医療機関などは、人々がスイスで定年後の人生を希望する理由のほんの一部。 欧州連合(EU)および欧州自由貿易連合(EFTA)加盟国以外の国の国民で、定年後の生活をスイスで希望する人は、さまざまな条件を満たさなければならない。例えば、年齢55歳以上、

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

文化的習慣と祭り

各国に独自の伝統的な民族衣装があるように、スイスの各地方にも独特の習慣や行事がある。 一般的に、一年間で最もにぎやかな行事はクリスマスおよび、カトリックの地域ではカーニバルがある。スイスの祭り・イベントの一覧はスイス政府観光局「MySwiss.jp」(日本語)を参照。 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

交通

長距離バスや地方の公共交通機関など、スイスの交通システムは世界最高水準にある。外国から引っ越してきた人や旅行者も、公共交通機関にはすぐ慣れる。街中では車を使わずに生活できる。 しかし車を運転するスイス人は多く、路上を走る車は約400万台に上る。また1997年に始まった車の共有組合の「モビリティ」

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

言語

スイスの公用語は、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語の四つ。英語はこれらの言語圏間の橋渡しとして使われることも多いが、公用語ではない。 国民の約64%がドイツ語、約23%がフランス語、約8%がイタリア語を話す。ロマンシュ語の人口は全人口の1%未満である。 ドイツ語圏の最大の特徴は、