観光&文化

スイスにとって観光が「ビッグ・ビジネス」なのには訳がある。ヨーロッパ有数の高い山々が連なり、都市には活気が溢れ、色とりどりの祭りでにぎわうスイスには、ここでしか得られない体験が数多くあるからだ。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

都市・地域ガイド

おそらくスイスはその素晴らしい自然美で最もよく知られていることだろう。しかし、主要都市が提供する活気に満ちた文化アトラクションの数々もお忘れなく。 チューリヒ、ジュネーブ、バーゼル、ルツェルン、ロカルノのような大都市では何を見たり、体験できるの?概要は下記のリンクを参照。 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

風習・祭り

カーニバルからヨーデルフェスティバルまで、スイスの風習や伝統は州によって多彩に異なる。 カーニバルになると吹奏楽器で派手に不協和音を奏でるバーゼルの楽隊、ベルンの玉ねぎ市(英/独/仏/西/伊語)、アルプスの山村で開催される伝統的なシュヴィンゲン(スイス相撲)大会、 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

余暇

ヨーロッパ有数の勇壮な高い山々、きらきら輝く湖、深い森。豊かな自然に恵まれて、野外レクリエーションへの取り組みにも熱が入る。 ハイキングとスキーは最も好まれる野外活動だ。道しるべが立つハイキングルートは延べ6万キロメートル ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

イベント

牛はいつ夏の放牧地から下山するの?チーズ祭りは今週末?モントルー・ジャズ・フェスティバルはいつから始まるの?イベント情報の数々。 スイス政府観光局では最新イベント情報を随時更新。月別、地域別、アートやスポーツといったカテゴリー別で検索可。 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

音楽

スイス音楽といえば、必ずヨーデルを思い浮かべるだろう。しかし、スイスの音楽は伝統音楽からジャズ、ラップまであらゆるジャンルに及ぶ。 ヨーデルとスイスは切っても切れない関係だが、ヨーデルのボーカル技術は必ずしもスイスのものというわけではない。そもそもヨーデルは、 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

スイス音楽配信サイト

チーズフォンデュを食べながらヨーデルを聴きたい?スイスの伝統音楽から現代音楽シーンを飾る新しいスターの歌まで、音楽情報はこちらから。 音楽ポータルサイトMx3(英語/その他)はスイスのプロミュージシャン、ファン、イベント主催者、音楽協会、ラジオ局の交流の場。最新リリース情報、バンド情報、 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

ミュージアム

スイスは国民1人当たりの美術・博物館の数が多い国。人気のミュージアムが1000以上ある。 地方のこじんまりとしたコレクションの歴史館から建築的にも目を見張るパウル・クレー・センター(Zentrum Paul Klee)(英/独/仏語)まで、過去60年間に美術館や博物館の数は大幅に増加した。 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

バリアフリー

移動に制限がある障害者が旅行をしやすいように、近年、スイスはバリアフリー設備やインフラの向上に力を入れている。 公共交通機関のバリアフリーの取り組みに関する情報はスイス連邦鉄道(SBB/CFF)(英/独/仏/伊語)のサイトを参照。バリアフリー関連の情報もダウンロードできる。 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

歴史的発展

スイスが観光地として注目され始めたのはわずか150年前のこと。自然派、ロマン派、アウトドア派の注目を集めたことによる。 それ以前にスイスを訪れた人々といえば、イタリアやスペインに向かう途中の巡礼者、荷馬を引き連れた貿易商、 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

今日の観光

観光はスイスの重要な収入源。とはいえ、今日ではスイス人の海外旅行者もスイスに来る観光客とほぼ同額を外国で消費している。 それでも収支バランスは良く、観光は4番目に大きい輸出産業となっている。2012年のスイス国内における雇用の約4%を観光業が占めている。 当初、観光は夏の娯楽に限られた。 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

画家と彫刻家

スイスの芸術家のスタイルは遊び心に満ちたものから奇怪なものまで多岐にわたる。映画「エイリアン」のデザイナー、H.R.ギーガー、ジャコメッティやクレーのような国民的芸術家まで、スイスのアーティストについて紹介。 スイスの現代アーティストの作品を展示しているギャラリーは数多くあり、 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

芸術支援

スイスでは文化振興は教育と同様、州と地方自治体に権限があり、2000年以降憲法に明文化されている。 各州は地域レベルの文化振興を担当し、連邦政府は国家レベルの有益な文化事業を担当する。このように、文化振興はすでに国家政策の一環としても確立されている。 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

建築

都市化が進み産業が発達したスイスは、国内外で活躍する数多くの建築家を絶えず生み出している。 スイスは著名な建築家を輩出してきただけではなく、外国からも多くの有名建築家を引き付けてきた。 しかし、国の規模が小さく、大型プロ ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

演劇

スイスには古くて豊かな演劇の伝統が息づいている。バーゼル、ベルン、チューリヒなどの都市には町の外までその名を広く知られた劇場がある。もちろん、ジュネーブも例外ではない。 大きな劇場はオーケストラやバレエ・アンサンブルの有無にかかわらず、市の芸術予算の大半を受け取っている。しかし、 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

作家

古典から現代作品まで、スイス人は読書を愛し、四つの公用語にまたがる文学的伝統を産み出してきた。 読書はスイスで最も好まれる娯楽の一つ。2008年に連邦統計局(BFS/OFS)が行った調査によると、回答者の81%以上が過去1年の間に少なくとも1冊の本を読んだと答えた。 ...