ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイス原産の大型犬 セント・バーナードの子犬、今年は32匹 記録更新

セント・バーナードの子犬
(Keystone)

スイス南西部ヴァレー州マルティニにあるセント・バーナード犬の繁殖施設「Fondation Barry他のサイトへ」で今年生まれた子犬が32匹を数え、記録を更新した。

セント・バーナードはスイス原産の大型犬で、救助犬として有名。イタリア国境のサン・ベルナール峠にある修道院の修道士たちが、この犬を使って遭難者を救助したことにちなんでこの名前が付けられた(セント・バーナードはサン・ベルナールの英語読み)。遅くとも17世紀ごろにはこの修道院で繁殖が始まったとされている。

Fondation Barryはサン・ベルナール修道院から繁殖犬を引き継ぎ、2005年に開業。セント・バーナードの繁殖施設としては世界で最も古く、毎年平均20匹の子犬が生まれている。今月7日、8匹の赤ちゃんが生まれ、今年生まれた子犬の数が32匹になった。

(独語からの翻訳・宇田薫)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×