ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイス連邦の歴史 170年前ベルンがスイスの首都に選ばれた理由

ベルンの連邦議事堂

スイス連邦議事堂の存在はベルンが首都であることの数少ない象徴だ

(Urs Flüeler/Keystone)

スイスの首都がベルンだと知って驚く外国人は少なくない。経済都市チューリヒや国際都市ジュネーブだったなら誰もが納得しただろう。だが今日から170年前にベルンが首都に選ばれたのはまさにそれが理由で、権力の一極集中を避ける狙いがあった。

ベルリン、ロンドン、マドリッド、モスクワ、ブラチスラバ、レイキャビク…人口規模の大小に関わらず、欧州諸国では「首都はその国で最も大きい都市」というルールが成り立つ。スイスはその唯一の例外で、ベルンは人口規模で言えばスイスのトップに全く及ばない。

外部リンクへ移動

スイスの都市別人口を示す棒グラフ

人口密度に換算しても、チューリヒやバーゼル、ジュネーブの方が大きい。

このため多くの外国人がスイスの首都はスイス経済の心臓部であるチューリヒだと考えている。あるいは多くの国際機関が本部を置くジュネーブであると。

他の国と異なり、スイスには長い間首都がなかった。スイスは独立し自治権を持った州が結束した連合で、「国家」ではなかったからだ。

ウーリ、シュヴィーツ、ウンターヴァルデンの原始3邦が「永久同盟」を結んだ1291年からアンシャン・レジーム(旧制)が終わる1798年までは、連邦評議会が執り行われる場所がスイスの首都だったと言える。連邦評議会は3邦に共通する議題を話し合う会議体だ。

だが会議の場所は特に定まっていなかった。評議会はチューリヒ、ルツェルン、バーデン、フラウエンフェルトなど時期により場所を変えた。同盟に加盟していなかったコンスタンツで開かれていたことさえある。

集権化の試み

1798年のフランス軍侵攻後、フランスを模範にした中央集権国家作りが進められた。その一環で首都を設けることになり、初めにアーラウが選ばれた。その後ルツェルンに移ったが、ともに数カ月しか続かなかった。

スイスの混乱に終止符を打つため、皇帝ナポレオン・ボナパルトは1803年、調停によりスイスを再び自治州の連合体に戻した。それ以降、連邦評議会はフリブール、ソロトゥルン、ルツェルン、ベルン、チューリヒ、バーゼルの6州で1年ごとの持ち回りで開かれるようになった。

ナポレオンが没落し王政が復活した後もこの仕組みは続いた。ただ評議会の開催地はベルンとチューリヒ、ルツェルンの3州だけになった。

首都はどこに?

連邦国家を樹立した1848年、首都をどこにするかという問題が再び浮上した。1848年11月28日、今日からちょうど170年前の連邦議会で、チューリヒとルツェルンを差し置いてベルンに白羽の矢が立った。

チューリヒは既にスイスで最も大きく経済の中心地であったため、それ以上比重を置きたくないという当時の連邦議員の考えがあった。連邦国家の樹立に反対だったルツェルン州の州都ルツェルンは候補にもならなかった。

ベルンはスイスのほぼ中央に位置するという地理条件や、フランス語を公用語とする州から支持を得ていたこと、そして必要な土地がただで手に入るといった利点があった。

ベルンが首都であると定めた法律はどこにもない。唯一、連邦議会法他のサイトへの第32条と政府・内閣法他のサイトへ58条には、連邦議会が通常時はベルンを拠点とすること、内閣や内閣官房、各省はベルンに配置することが盛り込まれている。

連邦政府・議会と無数の外国大使館が籍を置くことによって、ベルンは何とか首都らしさを取り繕っている。


(独語からの翻訳・ムートゥ朋子)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。