ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイス・フランスの監督 カンヌ国際映画祭、ゴダール監督が特別賞を受賞

ファブリス・アラーニョ

ゴダール監督と親交の深いスイス人のファブリス・アラーニョ撮影監督(右)が代理で賞を受け取った。左は女優のケイト・ブランシェット審査委員長

(Keystone)

19日に幕を閉じた第71回カンヌ国際映画祭で、スイス・フランスのジャン・リュック・ゴダール監督(87)が特別賞「スペシャル・パルムドール」を受賞した。同映画祭に出品された監督の最新作「Le Livre d’Image(原題)」と、長年の映画界への功績をたたえられた。

 女優のケイト・ブランシェット審査委員長は、ゴダール監督を「映画を変え続けてきた人物」とたたえ、最新作は「他の映画とは一線を画している」と高く評価した。ゴダール監督は授賞式に出席しなかったが、ソーシャルメディアを通じて記者会見を行った。

 ゴダール監督は2010年に米アカデミー名誉賞、2年後の12年にはスイス映画名誉賞をそれぞれ受賞している。

 ゴダール監督はフランス・パリでスイス人の父親とフランス人の母親のもとに生まれた。1953年からスイス国籍を保有。ジャン・ポール・ベルモンド、ジーン・セバーグ出演の「勝手にしやがれ」は1960年にベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞した。

 ゴダール監督はこれまでに40本以上の映画、映像作品を手がけた。代表作に「気狂いピエロ」のほか「ワン・プラス・ワン/悪魔を憐れむ歌」や「さらば、愛の言葉よ」などがある。

是枝監督

パルムドールを手に笑顔を見せる是枝裕和監督

(Keystone)

 今年の最高賞パルムドールは是枝裕和監督の「万引き家族」が受賞。審査員特別グランプリはスパイク・リー監督(米国)の「BlacKkKlansman(原題)」が輝いた。

ジャンリュック・ゴダール ヌーベルバーグの巨匠 ジャンリュック・ゴダールに捧げる敬意

映画制作において常に真の洞察力を持っていた巨匠ジャンリュック・ゴダールは、世界中の映画監督に今もなおインスピレーションを与え続けている。作品は約100本にも上る。フランスとスイスの二重国籍を持つ今年84歳のゴダールに、2015年度の「スイス映画名誉賞」が授与される。 ...

swissinfo.ch/mga

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。