ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スキャンダル UNRWAの事務局長が職権乱用?愛人に特別顧問ポスト新設

クレヘンビュール事務局長

UNRWAのクレヘンビュール事務局長

(Keystone)

ドイツ語圏の日曜紙ゾンタ―クス・ツァイトゥング他のサイトへが、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)幹部の職権乱用疑惑を報じた。その中心となったのがピエール・クレヘンビュール事務局長の不適切な女性関係で、既婚者である同氏は愛人の女性のために特別顧問のポストを作って採用し、給与などは公費から賄われていたという。

同紙は、UNRWA倫理委員会の機密報告書を独自に入手。この報告書に、同組織の複数の幹部が職権を乱用し、縁故採用や差別、性的な不法行為などをしていたと書かれていたという。その最たるものがクレヘンビュール氏と同僚の女性職員との不倫疑惑だった。報告書ではこの不適切な関係が「職場環境に害を与えた」とした。

クレヘンビュール氏は2015年、自分の愛人のために「特別顧問」のポストを作って採用。このポストは2015年3月から2018年12月まで、スイス連邦外務省の公費で賄われていた。同紙は外務省もこの事実を認めたとしている。ただ同省は、給与額のほか、出張費が公費で賄われていたのかどうかは明らかにしなかったという。

倫理委員会の報告書によれば、クレヘンビュール氏の不適切な女性関係については、UNRWAの内外の多くの人々が知っていた。同氏は自分のオフィスよりもこの女性のオフィスで過ごす時間が長く、管理職のほとんどがエコノミークラスを使っているのに、この2人は頻繁にビジネスクラスを使っていたという。

国連がこの疑惑を現在調査中。クレヘンビュール氏はスイス人で、2014年からUNRWAの事務局長を務める。

この疑惑が発覚したことを受け、スイスはUNRWAへの年間2230万フラン(24億5300万円)の財政拠出を一時的に凍結した。オランダも同様の措置を取った。

UNRWAは最大の資金拠出国の米国が昨年、支援を中止し、一時的に財政危機に陥った経緯がある。

スイスのイグナツィオ・カシス外相も、UNRWAの役割を公に批判した

UNRWAはシリア、レバノン、ヨルダン、ガザ地区、ヨルダン川西岸地区の500万人以上のパレスチナ難民を支援する組織で、12億ドルの年間予算を持つ。

swissinfo.ch/jc

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。