ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スポーツ スイスの男性医師がアスリートにドーピング支援?

ドーピング
(Keystone)

スイス人の男性医師がスキー選手にパフォーマンス向上のため、使用が禁止されているテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの投与を勧めていたことが分かった。スイスのオンラインマガジン「Republik他のサイトへ(リプブリーク)」などが行った潜入取材で、カメラが現場の一部始終をとらえていた。

 男性はベルン州の医師で、名前は明かされていない。映像では、この医師が若いクロスカントリースキーの選手に、禁止薬物のエリスロポエチン(EPO)かテストステロンの投与を勧めている場面が映っていた。

 選手からドーピングが見つからないかと問われると、医師は「尿検査を受ける確率はおそらく10万分の1。しかもスイス国内で尿検査を受けて『テスト(テストステロン)』が検出されても、問題はない。罰金100フラン(約1万1千円)、1年間の出場停止処分は受けるかもしれない。だが、法律的な前科を負うわけではない。その点では比較的大丈夫」と答えていた。

 この映像が報じられた同じ時期には、ローザンヌにあるスポーツ仲裁裁判所(CAS)が国際オリンピック委員会(IOC)の五輪永久追放処分を不服として提訴したロシア選手39人のうち、28人を証拠不十分として処分を取り消す裁定を下し、大きな話題になった。

 ドイツ語圏の日刊紙NZZがこの医師に取材したところ、医師は映像の内容を否定。近年、ロシア人のスポーツドクターと連絡を取り合っていたという疑惑についても否定した。医師の病院が最近、検察庁の家宅捜索を受けたことは認めたが、今回の映像の疑惑とは無関係だと語った。

国の業務にも関わる

 日曜紙のゾンタークス・ブリックは、この医師が国の二つの業務に関わっていたと報じた。中佐の階級でスイス軍のスポーツ部門に従事していたほか、連邦移民事務局(SEM)にも所属し、難民申請者に医療サービスを提供していた。

 スイス軍の広報担当者はスイス通信(SDA/ATS )に対し4日、疑惑発覚後、この医師との業務提携を停止したことを認めた。

 医師はアマチュアのスポーツ選手でもある。潜入取材はRepublikのほか、ドイツのテレビ局ARD、英紙サンデー・タイムズ、スウェーデンのテレビ局SVTが合同で実施した。

swissinfo.ch/mga

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。