Jump to content
Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

ソーラー・インパルス世界一周の旅


ソーラー・インパルス2 名古屋に着陸


南京から名古屋に向かうソーラー・インパルス2。機体、バッテリー、操縦士のコンディションは完璧だ (Keystone)

南京から名古屋に向かうソーラー・インパルス2。機体、バッテリー、操縦士のコンディションは完璧だ

(Keystone)

世界一周のチャレンジを続けるソーラー・インパルス2。この太陽エネルギーだけで飛ぶ電動飛行機が今日日本時間午後10時、名古屋の小牧空港に着陸する予定だ。中国の南京を昨日5月31日午後2時45分に出発したが、悪天候のため当初のハワイまでの6昼夜ノンストップ飛行予定を変更し、日本への着陸を決行する。

 「バッテリーは十分にある。夜間に名古屋に着陸するための(操縦士と機体の)コンディションも完璧だ。たとえ、小牧空港の受け入れが遅れるとしても十分やっていける」と、ベルトラン・ピカールさん(56)はウェブカムで話した。ピカールさんは、この冒険を思いたった精神科医でスイス人の冒険家。地上から、もう1人の元戦闘機操縦士アンドレ・ボルシュベルクさん(62)の飛行を見守りながら、コメントした。

 「日本は、この着陸を快く受け入れてくれた」。「われわれは、向こう見ずなタイプの人間ではない。周到な準備を重ねて『冒険』に挑んでいる。今回のこの着陸も準備がうまくできていた証拠になる」

 また、今の気持ちを聞かれ、こう答えている。「人生の不思議なときの一つだ。高揚感と失望感との間を行き来している」

天候には勝てない

 この気持ちは、冒険を見守る多くの人の共感を呼ぶものだ。2003年から12年の歳月をかけ準備し、アブダビをついに今年3月9日に出発したソーラー・インパルス2。その後ミャンマーなどを経て南京に到着したが、悪天候のため何週間も待機状態が続いた。そして、やっとスタートした矢先に再び悪天候に襲われたからだ。

 しかも、太平洋横断は最大の難関とされ高揚感も高まっていた。コックピットには1人しか入れないため、今回はボルシュベルクさんがハワイまでの8172キロメートルを6昼夜ノンストップで操縦することになっていた。彼はヨガのテクニックを使い20分ごとの「仮眠」を取る準備を整えた。出発前に南京で、「この太平洋横断は、人生で決して忘れられないものになる」と語っている。

 「南京出発後の初めの夜をうまく乗り切れば、後はうまくいく」と、世界一周のスタート前に語っていたピカールさん。第一日目の夜のバッテリーが心配だったからだ。しかしそれは今回クリアされた。

 南京までの飛行と不時着も含めて総括し、ピカールさんは言う。「われわれは可能な全てのことをやってきた。しかも成功裏に行ってきた。ただ一つコントロールできないこと、それは天候だ」

swissinfo.ch

著作権

すべての権利を留保します。swissinfo.chウェブサービスのコンテンツは著作権で保護されており、私的使用目的でのみご利用いただけます。それ以外のウェブサービスのコンテンツ利用、特に拡散、変更、転用、保存、複写する場合は、swissinfo.chの書面による同意を必要とします。私的使用以外でご利用される場合は、contact@swissinfo.ch へご連絡ください。

私的使用以外の利用において唯一認められるのは、特定のコンテンツへのハイパーリンクを自分のウェブサイトや第三者のウェブサイトに設定することです。また、広告のない環境にswissinfo.chウェブサービスのコンテンツを原文のまま掲載することもできます。swissinfo.chウェブサービスでダウンロード用に提供しているすべてのソフトウェア、ディレクトリー、データ、およびそのコンテンツに対しては、私用の機器へのダウンロードや保存に限定した、譲渡不可能で非独占的な単純ライセンスを譲渡します。他のすべての権利はswissinfo.chに属します。特に、販売や商業的利用は固く禁止します。

×