ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ダコタC53 氷河から姿現した70年前の米軍用機、機体の一部を回収

約70年前にスイスの氷河に不時着した米軍用機ダコタC53の機体の一部を、スイス空軍が氷の中から掘り出した。

軍用機は1946年にベルナーオーバーラント地方のガウリ氷河に不時着した機体。先月、温暖化によって解けた氷河の表面に姿を現した。スイス空軍によると、掘り出したのは機体の「重要な一部」。コックピット部分などはまだ氷河の下に眠っている。 

回収チームの責任者フリッツ・テューサー氏は15日に記者会見し「プロペラ付きのエンジンブロック、翼の一部、その他の小さな部品、板金、木製パーツ、毛布などが見つかった」と語った。

最大2トンに及ぶ回収物を、ふもとの谷に空輸中だ。

テューサー氏は「スイス当局は米国から機体の提供を受けた」と語った。部品の一部は、ふもとのインナートキルヒェン村の観光案内所に展示される予定。

ダコタC53は1946年11月19日、霧の中でコースを見失い、ベルナーアルプスのガウリ氷河(3350メートル地点)に不時着。飛行機が発見されたのは偶然だった。

スイス軍のパイロットたちが世界で初めて、高山地帯における空中からの救助活動を実施。乗客12人を無事近隣のマイリンゲンまで輸送した。これが、スイスの航空救助隊「レガ」が誕生するきっかけになった。

(SRF, swissinfo.ch)

(英語からの翻訳・宇田薫)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。