ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

チューリヒの交通 スイスの列車、節電のため車内の室温2度引き下げへ

電車

車内室温の引き下げを試験的に開始したSBB

(Keystone)

スイス連邦鉄道(SBB)が9日、省エネ策としてチューリヒ地域を走る一部車両の室温を現行の22度から20度に引き下げる試みを始めた。実施期間は来月9日までで、SBBのウェブサイト上で乗客の意見を募る。

 該当する車両の乗客には周知する。実施地域についてSBBは8日、現在はチューリヒエリアの限られた車両だけだが、結果次第でスイス全域に広げる可能性があるとした。

 今回の試みは、スイス連邦政府が支援する環境保全団体「スイスエネルギー」が出したガイドラインに基づくもの。同ガイドラインは、室内の最適温度を20度と定めている。

 SBBはチューリヒエリアの全ての車両で車内温度を2度引き下げた場合、節電量は400世帯の年間電力消費量に相当する1.6ギガワット時に上り、コストカットにもつながるとみている。

>>SBB、主要駅で禁煙ゾーン設置を試験的に実施

 同鉄道はこのほかにも自動運転車両の導入、「総合モビリティ」といわれる最先端のテクノロジーを駆使した鉄道サービスの提供なども計画。さらに2020年までに人員削減を行う予定。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting