ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

チューリヒの春の風物詩 今夏の天気、怪しい雲行きに?チューリヒでセクセロイテン

春の訪れを祝うチューリヒ伝統のお祭り「セクセロイテン」が16日、市内で行われた。わらで作った巨大な雪男「ベーグ」を燃やして夏の天気を占う儀式では、頭部に仕込んだ爆竹が爆発するまでにかかった時間は20分31秒。今年の夏は「期待薄」とのお告げが出た。

スイス政府観光局によると、セクセロイテンはもともと、ツンフトと呼ばれる職人組合の祭りだった。当時は教会の鐘が時計の代わりに時刻を知らせており、夏季の労働時間の終わりが午後6時だったことから、6(Sechs、セクス)の鐘の音(Läuten、ロイテン)という名前が付いたという。

この祭りを締めくくるのが、広場に設置された薪の山に立つ雪男「ベーグ」を燃やすイベント。午後6時の鐘とともに火を付け、雪男に火が移り頭の爆竹が鳴って爆発するまでの時間を数える。0~6分が晴れ、6~10分が曇り、10~15分が雨、15分以上が雪。チューリヒ市観光局によると、これまでの最速記録は5分42秒だった。

「ベーグ」って何?

チューリヒ観光局の紹介ビデオ

チューリヒ観光局のビデオ(英語、独語 英語字幕)

 今年は曇天がたたってか、とりわけ時間がかかった。今年よりも残念な結果だったのは過去10年で4回。最速の5分42秒をたたき出した2003年はお告げ通り、猛暑になった。

16日午後には、伝統衣装を身にまとったツンフトと騎士らが市内をパレード。祭りにはギー・パルムラン連邦国防・国民保護・スポーツ相、イグナツィオ・カシス外相も出席した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。