Jump to content
Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

パナマ文書


ペーパー会社設立に関与した「仲介役」、どの国や地域がトップ?




タックスヘイブン(租税回避地)に設立された法人に関するデータ「パナマ文書」によると、スイスはペーパー会社の設立に最も多く関与した国の一つだ。スイスが経由地となり、パナマの法律事務所が設立手続きを行ったとされる。パナマ文書のデータが公開されたことにより、富裕層の節税の実態が明らかになりつつある。

 タックスヘイブンにペーパー会社を設立する手助けをした「仲介役」は世界中でどれほどいるのだろうか?下のマップをみると香港(4902)、英国(2106)、米国(1540)のほか、スイス(1339)にも多くいることが分かる。

 ペーパー会社の利用自体は違法ではないが、パナマ文書が流出したことにより、すでにスイスの検察は欧州サッカー連盟(UEFA)の捜索に乗り出し、ジュネーブ当局もパナマ文書に関わったとされる弁護士や企業などを捜索している。

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は10日、パナマ文書に関連するデータベースを公開。パナマの法律会社「モサック・フォンセカ」から流出したパナマ文書には1150万のファイルが含まれているが、今回公開されたのはその一部だ。

 公開されたデータの中には、同社が1977年から2015年までに関わったとされるペーパー会社21万4千社の情報、およびペーパー会社設立に関与したとされる1万4千の「仲介役」の情報が含まれている。「仲介役」の多くはモサック・フォンセカと取り引きのある法律会社で、顧客からの依頼でペーパー会社を設立していた。


(英語からの翻訳&編集・鹿島田芙美), swissinfo.ch

著作権

すべての権利を留保します。swissinfo.chウェブサービスのコンテンツは著作権で保護されており、私的使用目的でのみご利用いただけます。それ以外のウェブサービスのコンテンツ利用、特に拡散、変更、転用、保存、複写する場合は、swissinfo.chの書面による同意を必要とします。私的使用以外でご利用される場合は、contact@swissinfo.ch へご連絡ください。

私的使用以外の利用において唯一認められるのは、特定のコンテンツへのハイパーリンクを自分のウェブサイトや第三者のウェブサイトに設定することです。また、広告のない環境にswissinfo.chウェブサービスのコンテンツを原文のまま掲載することもできます。swissinfo.chウェブサービスでダウンロード用に提供しているすべてのソフトウェア、ディレクトリー、データ、およびそのコンテンツに対しては、私用の機器へのダウンロードや保存に限定した、譲渡不可能で非独占的な単純ライセンスを譲渡します。他のすべての権利はswissinfo.chに属します。特に、販売や商業的利用は固く禁止します。

×