ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

フェリックス・ヴァロットン

アヴァンギャルドのオブサーバーがチューリヒへ帰還

フェリックス・ヴァロットン ( 1865-1925 ) はローザンヌに生まれるが、1882年にパリへ移り、ナビ派に加わった。彼は、社会を皮肉っぽく描いたことで同時代の芸術界から浮き出た存在であった。ときに神秘的な印象を与える彼の画風は、のちのシュールレアリズムや新即物主義につながるさまざまな側面や絵画の構成要素を表現していた。

チューリヒ美術館は「フェリックス・ヴァロットン - 淵の田園画」展でヴァロットンの作品を2008年1月13日まで公開中。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。