ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

フランスのロック歌手 「スイス住民」だったジョニー・アリディさん

5日にがんで亡くなったフランス人ロック歌手・ジョニー・アリディさんはスイスのフランス語圏でも絶大な人気があった。節税目的でスイスに住んだ時期もあった。

 アリディさんは当初からスイスで活動していた。17歳で初めて開いたライブの会場に選んだのはジュネーブのクラブ「ザ・クリケット」だった。その後もスイス各地でコンサートを開き、ヴォー州の刑務所で歌ったときは大きな話題になった。最後にスイスを訪れたのは今年6月13日、ジュネーブでフランス人歌手エディ・ミッチェルさんやジャック・デュトロンさんが開いたツアー「ヴィエイユ・カナイユ(Vieilles Canailles)」への登壇だった。

ベルン州民に

 アリディさんがスイス人の注目を浴びた理由は音楽だけではない。2006年にベルン州のリゾート地、グシュタードの山小屋に居を構えたことで一段と有名になった。

 ただアリディさんは「6ヶ月以上の居住」という優遇税制の適用条件を満たしていなかったこともあり、最終的には米カリフォルニア州に移った。グシュタードの山小屋は15年に売り払った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。