Jump to content
Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

ブログ「もっと知りたい!スイス生活」


チューリヒのランドマーク「グロスミュンスター」をいろんな角度から眺めてみた


チューリヒには見逃せない観光スポットがいくつもある。そのうちの一つが、町の至る所から眺められる、ツインの塔を持つグロスミュンスター(大聖堂Grossmünster)だ。聖ペーター教会(Kirche St.Peter)、フラウミュンスター(聖母聖堂Fraumünster)と並び、チューリヒのランドマーク的な存在となっている。

リマト川の対岸にあるグロスミュンスター(大聖堂)とヴァッサーキルヒェ(水の教会)を見渡す (swissinfo.ch)

リマト川の対岸にあるグロスミュンスター(大聖堂)とヴァッサーキルヒェ(水の教会)を見渡す

(swissinfo.ch)

 今回はチューリヒを代表するグロスミュンスターについて、ガイドブックには掲載されていない部分を含め、筆者の視点でご紹介してみよう。

 グロスミュンスターはプロテスタントの教会で、聖堂内はロマネスク様式で形成されている。13世紀から14世紀の間にかけて建設された。高くそびえる2本の塔は15世紀に建立された後に1度火災で焼失し、18世紀に再建された。

 同じくチューリヒの町のシンボルでもあるフラウミュンスターは、リマト川を挟んで向かい合うように建っている。

グロスミュンスターの塔の上から、チューリヒの町を一望 (swissinfo.ch)

グロスミュンスターの塔の上から、チューリヒの町を一望

(swissinfo.ch)

  16世紀にスイスでも行われた宗教改革の際には、チューリヒではフルドリッヒ・ツヴィングリ(Huldrych Zwingli)によって、グロスミュンスターを中心に改革が広められた。 

 この聖堂とその周りには、数々の逸話と共に、怪談ともいえる伝説が残る。その中の一つが聖者にまつわる、ちょっとゾッとしてしまう話だ。

 西暦3世紀、フェリックスとレグラの二人の聖者(三人の聖者という説もあり)が、ローマの神々を崇拝する事を拒み裁判にかけられた末、現在のヴァッサーキルヒェ(Wasserkirche=水の教会)が建てられている場所にて、斬首刑となった。

 その場に放置された首の無い死体は、やがてむっくりと起き上がって、血まみれとなった自分達の頭を拾い、埋葬されたい場所まで、自ら抱えて歩いて行ったのだという。

 その地こそが、現在グロスミュンスターが建つ場所なのだと伝えられている。ヴァッサーキルヒェは、グロスミュンスターと道路を隔ててちょうど向かい側にある。

聖堂の裏側、観光客で賑わう正面入り口に反してとても静か (swissinfo.ch)

聖堂の裏側、観光客で賑わう正面入り口に反してとても静か

(swissinfo.ch)

 以前に受講した、市が提供している、チューリヒ生活クラスの講義で聴いた話では、市民が利用するリサイクルボックスを設置する工事のため、数年前にグロスミュンスターの裏手の土地を掘り起こした際、周辺の石畳の下から、人骨がいくつも発掘されたのだそうだ。

 遠い昔には、お墓というものが庶民の間では整備されておらず、当時の人々によって、教会の近くに埋められたのであろうと推測される。今も生々しく記憶に残る逸話だ。

グロスミュンスターの建物に刻まれているプレート (swissinfo.ch)

グロスミュンスターの建物に刻まれているプレート

(swissinfo.ch)

 さて、話を現在に戻そう。ある晴れた夏の日に、久しぶりにグロスミュンスターを訪れ、聖堂内を見学した後、塔の上まで登ってみた。 

 まずは1階の祭壇後方に飾られている、スイス人芸術家のアウグスト・ジャコメッティ(Augusto Giacometti)が手がけた美しいステンドグラスに目を引かれる。

 温もりが感じられる色彩豊かな新しいステンドグラスは、ドイツの芸術家ジグマー・ポルケ(Sigmar Polke)氏の手による。2006年のデザインコンペで選ばれたものだ。聖堂内を彩る12枚のステンドグラスは、2009年より公開されている。

 礼拝が行われる聖堂内部は写真撮影が禁止されているため、ステンドグラスについては、実際の画像で詳しくご紹介する事ができず残念だ。

塔の中に飾られているアウグスト・ジャコメッティのステンドグラス(左)と、ジグマー・ポルケ氏による12枚のステンドグラス(右)の写真 (swissinfo.ch)

塔の中に飾られているアウグスト・ジャコメッティのステンドグラス(左)と、ジグマー・ポルケ氏による12枚のステンドグラス(右)の写真

(swissinfo.ch)

 グロスミュンスターの二つの塔のうち、カールの塔(Karlsturm)は、有料で開放されている。 塔の上からはチューリヒ市街と、天気の良い日には、遠くのアルプスの山々まで見渡す事ができる。

 カールの塔という名称は、カール大帝にちなんで名付けられたのだそうだ。存在感あふれるカール大帝の古い石像は、地下聖堂に飾られている。

  1階の奥手で4フラン(約420円)を支払い、187段の狭い階段を上って行く。上へと上るにつれ、ところどころに木の階段も現れるのだが、上り始めは人が1人ようやく通れる程の狭い石段が続く。

 歴史が刻まれた石の階段は、ツルツルと滑り、気をつけないと足を踏み外しそうになってしまう。特に下りはちょっと怖い。

 木の階段部分まで上って行くと、ごつごつとむき出しになった建物内部の木組みが目の前に現れる。

 塔のてっぺんが近づくと、階段と階段の間にはところどころにスペースが作られ、宗教的な展示物や絵画のほか、過去から現在までの聖堂の歴史とチューリヒの町の変遷なども紹介されている。途中、聖堂内のステンドグラスの写真も展示されていた。

 ようやく塔の上へと辿り着いた。窓の外にはもう一方の塔が間近に迫り、近くで見ると迫力満点だ!四方の窓からは、チューリヒの町をあらゆる角度から一望できる。

 町の中心を流れるリマト川、聖ペーター教会とフラウミュンスターも目の前だ。別の窓からはチューリヒ湖、反対側にはチューリヒ大学と、高台にある住宅地も見渡せる。こんなにあらゆる角度から町の中心を一望できる場所は、なかなか思い当らない。

 しばし塔の上から町の景色を堪能し、下まで降りてみると、ちょうど外国からの観光客の見学ツアーが開催されているところであった。

 英語ガイドの説明に真剣に聴き入る、米国人を中心としたツアー客で、入り口付近が賑やかだ。

グロスミュンスター、カールの塔のてっぺん (swissinfo.ch)

グロスミュンスター、カールの塔のてっぺん

(swissinfo.ch)
チューリッヒ湖畔と、フェリーも見える (swissinfo.ch)

チューリッヒ湖畔と、フェリーも見える

(swissinfo.ch)

 世界各地でのテロへ懸念、現在の世情が関係し、スイスを含め欧州を旅する人々が減少を辿っている中、米国からの宿泊客数は前年と比較すると、4万4千人も増えているのだという。

いつも観光客で賑わうグロスミュンスターの正面入り口 (swissinfo.ch)

いつも観光客で賑わうグロスミュンスターの正面入り口

(swissinfo.ch)

 グロスミュンスターといえば、聖堂2階部分に設置されているパイプオルガンも必見だ。現在のオルガンはチューリヒのメッツラー社(Metzler) 製で、1960年より深みのあるトカ音色が奏でられている。

 聖堂内では、しばしば若手を中心とした奏者の、無料オルガンコンサートも開催される。

 別の日に、日本人のオルガン奏者がこの聖堂でオルガンを弾くと情報を得、演奏会に出かけてみた。その日行われたミニ演奏会は、彼女が通っていた音楽学校の卒業試験も兼ねていた。

 1階の後方では、厳しい顔で採点をする審査委員らしき人達の姿もうかがえた。聖堂内に響き渡る、美しく迫力のあるオルガンの音色に聴き入っていると、厳粛な気持ちになる。

 無事に卒業試験にも合格した、才能あふれるこの日本人の音楽家については、また別の機会にゆっくりとご紹介する事にしよう! 

 普段は町を歩きながら、何気なく目にしていたグロスミュンスターは、あらゆる角度から眺めてみると、また新しい発見がある事に気付かされた。

スミス 香

プロフィール:スミス 香

福岡生まれの福岡育ち。都内の大学へ進学、その後就職し、以降は東京で過ごす。スイス在住13年目。最初の2年間をバーゼルで過ごし、その後は転居して、現在は同じドイツ語圏のチューリヒ州で、日本文化をこよなく愛する英国人の夫と二人暮らし。日本・スイス・英国と3つの文化に囲まれながら、スイスでの生活は現在でもカルチャーショックを感じる日々。趣味は野球観戦、旅行、食べ歩き、美味しいワインを楽しむ事。自身では2009年より、美しいスイスの自然と季節の移り変わり、人々の生活風景を綴る、個人のブログ「スイスの街角から」をチューリヒ湖畔より更新中。



リンク

著作権

すべての権利を留保します。swissinfo.chウェブサービスのコンテンツは著作権で保護されており、私的使用目的でのみご利用いただけます。それ以外のウェブサービスのコンテンツ利用、特に拡散、変更、転用、保存、複写する場合は、swissinfo.chの書面による同意を必要とします。私的使用以外でご利用される場合は、contact@swissinfo.ch へご連絡ください。

私的使用以外の利用において唯一認められるのは、特定のコンテンツへのハイパーリンクを自分のウェブサイトや第三者のウェブサイトに設定することです。また、広告のない環境にswissinfo.chウェブサービスのコンテンツを原文のまま掲載することもできます。swissinfo.chウェブサービスでダウンロード用に提供しているすべてのソフトウェア、ディレクトリー、データ、およびそのコンテンツに対しては、私用の機器へのダウンロードや保存に限定した、譲渡不可能で非独占的な単純ライセンスを譲渡します。他のすべての権利はswissinfo.chに属します。特に、販売や商業的利用は固く禁止します。

×