Jump to content
Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

ブログ「もっと知りたい!スイス生活」


16種目のスポーツを無料体験! スポーツ祭り@バーゼル郊外


何かスポーツを始めたい人にはもちろん、家族皆で楽しむにはうってつけのイベントがある。好きな種目を選び、初心者なら手ほどきを受け、必要最低限のルールを覚えたら、試合のまねごとまで体験できる。この「スポーツ祭り(Sportfest)」、バーゼル市および周辺の町で行われている。ここでは、私の住む町のスポーツ祭りをご紹介したい。

開催日の数日前に、ポストに入っていた案内のチラシ。この地図に会場が示されているので、各自それに従って好きなところへ行く (swissinfo.ch)

開催日の数日前に、ポストに入っていた案内のチラシ。この地図に会場が示されているので、各自それに従って好きなところへ行く

(swissinfo.ch)

 夏休み最後の日曜日、朝10時。スポーツウエアを着た夫、娘、そして私は張り切って家を出た。夫は「優勝を目指して頑張るぞ!」と言うが、それは冗談。勝ち負けにこだわることなく、体を動かし汗を流して楽しめるのが、このイベントの良いところだ。

 「スポーツ祭り」の主催は町のスポーツ委員会。この小さな町に点在する、16のスポーツ団体が協力している。体験できる種目は、サッカー、ハンドボール、ユニホッケー、射撃、インディアカ、卓球、サイクリング、水泳、ローラースケート、柔道、護身術、エアロビクス、体操、フラダンス、バドミントンなどなど(年によって若干変わる)。事前の申し込みは必要なし、費用も一切かからない。必要な道具はすべて揃えてある。

 参加方法だが、まずは受け付けで参加カードをもらい、名前や住所を記入する。カードの下部に6つスペースがあり、1種目終わるごとにスタンプを押してもらう。時間は10~16時まで。

受け付け。メイン会場である町の体育館前の広場に設けられている (swissinfo.ch)

受け付け。メイン会場である町の体育館前の広場に設けられている

(swissinfo.ch)

 私たちはまず、体育館を覗いてみた。バレーボールかと思いきや、バドミントンの羽根のようなものを打ち合っている。これは「インディアカ」という競技なのだった。私たちが眺めていると、彼らも寄ってきて言う「どうぞ、やってみませんか。簡単ですよ」。熱心な勧誘を受け、私たちはインディアカに挑戦することにした。

インディアカ。協会の方々は、みな白髪の混じる初老の男女混合という顔ぶれ。つい、簡単なのかなと思ってしまった…… (swissinfo.ch)

インディアカ。協会の方々は、みな白髪の混じる初老の男女混合という顔ぶれ。つい、簡単なのかなと思ってしまった……

(swissinfo.ch)

 まずは球の打ち方から。基本的に片手で、ほら、こうやって下から上へ……私たちはその男性に教わりながら、4人で打ち合いをして慣れていった。続いて、試合に挑戦。インディアカ協会のメンバーは、ワインレッド色のユニフォームを着ている。ふだんから鍛えているだけあって、返ってくる球も実に正確である。力の入れ具合がわからず、私たちはまずシュートからして相手コートに届かない。なのにいつもシュートを打たせてもらい、何度も球に触らせてもらい、細かい指導を受けながらの試合。ほんの数分だったろうが、緊張にさらされ、汗だくになった。いつまで続くのだろう・・・と不安になったところで、夫が「じゃあ、この辺で。ありがとうございました」と切り上げてくれた。選手1人1人と握手を交わし、参加証明のスタンプをもらう。興味があったらと、インディアカ協会のチラシをくれた。毎週金曜日、この体育館で練習をしているという。

卓球。箱に入れてあるラケットと球を取って、どんどん参加していく。インディアカと違って、卓球は笑顔で誘われることもなかった (swissinfo.ch)

卓球。箱に入れてあるラケットと球を取って、どんどん参加していく。インディアカと違って、卓球は笑顔で誘われることもなかった

(swissinfo.ch)

 地下では、「卓球」をやっていた。町の卓球クラブのメンバーが担当だが、大人2人以外は全員小学生。

 私たちはまず男の子2人と、5人で卓球台を囲み、飛んできた球を打っては右に移動する、というルールでプレイをした。休む暇なく打ち続ける破目になり、目も回って、早速ヘトヘト。とんでもない方向へ飛ばす私たちに対し、彼ら2人の安定したショット。

 タイミングを見計らって、横へ移動。球をラケットに乗せ、落とさないように歩いたり、平均台に乗ったりする、というゲームが用意されていた。娘がそこで遊んでいる間、私たちはベンチで休憩。そして無事、スタンプをもらう。

 去年は、上の階で社交ダンスをやっていた。残念ながら、ダンス協会は今年参加していない。そろそろお昼だと帰途についたが、途中、「射撃」に寄ることに。今年は、私も初挑戦してみた。

射撃。これがスポーツかと私なんぞは思うが、実は毎年いちばんの人気で、なかなか順番が回ってこない (swissinfo.ch)

射撃。これがスポーツかと私なんぞは思うが、実は毎年いちばんの人気で、なかなか順番が回ってこない

(swissinfo.ch)

 そこは町役場分館の地下室で、面積は50平方メートルほど。台に固定されたエアピストルが4丁と、自分の手で持って撃つエアライフルが4丁。ピストルクラブの方々はみな赤いTシャツを着ていて、ごく普通に見える男性。とても射撃をするようには見えない。中には女性もいる。

 まずはエアピストルで、照準の合わせ方を教えてもらう。1点で支えているだけなので、とにかくグラグラする。ちゃんと中心に合わせようと苦心して、著しく目が疲れた。私は10発でやめておいたが、続いて夫と娘はエアライフルへと移動。両腕を伸ばし、銃を体から離して撃つのだが、かなり重たく、持っていること自体が難しいのだそうだ。

合ったかなと思った瞬間、即座に軽く指を動かすだけで、弾が一気に飛んでいくのが、意外に快感ではある (swissinfo.ch)

合ったかなと思った瞬間、即座に軽く指を動かすだけで、弾が一気に飛んでいくのが、意外に快感ではある

(swissinfo.ch)

 的中率を紙に記入して、最後にスタンプをもらう。ミリタリー経験のない夫の、意外な腕の良さに驚く。しかし結果より何より、自分の手でピストルを撃ったという体験に満足する。

 昼食後、小学校の体育館へ。夫と娘は「護身術」を、私は「体操」を選ぶ。その体操が、昼食後の消化に最適だったのである。参加者は全員60~70代とおぼしき方々。先生も白髪だが大変エレガントな女性で、背筋をピンと伸ばし、動作もきびきび、見ていてすがすがしい。音楽に合わせて動くのだが、音楽を口ずさむ人、うまくできずに笑い出す人と、和やかな雰囲気の中で楽しんだ。帰り際、体操協会のチラシをもらう。ここで毎週水曜日にやっていると、お誘いをいただく。

 夫と娘は、マットに寝転んで護身術にいそしんでいた。夫は空手家で、ほかの武道にも興味しんしん。汗だくになり、力を込めて先生の持つ盾を蹴り上げていて、楽しんだ様子。私はやらなくて正解だった。

この「柔道」だけはなぜか参加が子供限定だった。あとはすべて、年齢に関わらず誰でも参加できる (swissinfo.ch)

この「柔道」だけはなぜか参加が子供限定だった。あとはすべて、年齢に関わらず誰でも参加できる

(swissinfo.ch)

 残り、あと1時間。別の学校の体育館へと移動。

 まずは、「ハンドボール」。近所のお友達一家が、ちょうど試合を体験していた。体力がほとんど残っていない私は恐れおののきながら始めたが、シュートの練習を軽くしたところで、後はすーっと逃げることができた。

 続いて、「ユニホッケー」。どう見ても、部屋にこもって漫画でも読んでいそうな少女が指導員だ。「それしか残っていない」と左利き用スティックを渡され、左打ちを余儀なくされる。スカスカのプラスティック球をスティックで移動させていくが、軽すぎていうことを聞かない。何度もとんでもない方向へ行った球を拾いに行き、疲れは倍増。シュートした球は、網の下をすべるばかり。もはや体力も限界と感じ、さっさとスタンプをもらいに行く。

ユニホッケー。隣のコートで試合を楽しむ家族たち。制限時間ぎりぎりまで、盛り上がっていた (swissinfo.ch)

ユニホッケー。隣のコートで試合を楽しむ家族たち。制限時間ぎりぎりまで、盛り上がっていた

(swissinfo.ch)

 スタンプはようやく6つそろった。本当は「フラダンス」もやりたかったな。「水泳」も楽しみにしていたのに、レジオネラ菌が見つかったためプールが閉鎖され残念だった。この機会にクロールを教えてもらいたかった(ちゃんとお金を払って、コースに申し込めということか!)。

 受け付けに戻り、カードを提出すると、参加賞がもらえる。実は去年もまったく同じ景品だったが、ありがたく頂いておいた。

参加賞は、このコップと傘のうち、好きなほうが選べる。どちらも町のスポーツ祭りのロゴ入りのオリジナルだ (swissinfo.ch)

参加賞は、このコップと傘のうち、好きなほうが選べる。どちらも町のスポーツ祭りのロゴ入りのオリジナルだ

(swissinfo.ch)

 ふだん運動していない人は翌日、当然ながら筋肉痛になる。あの雰囲気の中で乗せられてしまい、つい調子に乗ってジャンプしたり、全力投球したりするのが楽しいのだが……やはり年齢には勝てない。

 しかし参加者は全員、プレゼント懸賞の対象となる。もらったスタンプの数だけ応募できるので、確率を上げるために私たちは最初から6つのスタンプ全部を集めるつもりでいた。

 そして翌週。ローカル新聞を見ていたら、当選者リストになんと娘の名前が。近所の自転車屋の商品券300フラン分が当たっていたのである!ウソのような、本当の話。

 また来年も頑張るぞと、決意をあらたにする私たち家族であった。 

平川 郁世

プロフィール:平川郁世

神奈川県出身。イタリアのペルージャ外国人大学にて、語学と文化を学ぶ。結婚後はスコットランド滞在を経て、2006年末スイスに移住。バーゼル郊外でウォーキングに励み、風光明媚な風景を愛でつつ、この地に住む幸運を噛みしめている。一人娘に翻弄されながらも、日本語で文章を書くことはやめられず、フリーライターとして記事を執筆。2012年、ブログの一部を文芸社より「春香だより―父イタリア人、母日本人、イギリスで生まれ、スイスに育つ娘の【親バカ】育児記録」として出版。



リンク

著作権

すべての権利を留保します。swissinfo.chウェブサービスのコンテンツは著作権で保護されており、私的使用目的でのみご利用いただけます。それ以外のウェブサービスのコンテンツ利用、特に拡散、変更、転用、保存、複写する場合は、swissinfo.chの書面による同意を必要とします。私的使用以外でご利用される場合は、contact@swissinfo.ch へご連絡ください。

私的使用以外の利用において唯一認められるのは、特定のコンテンツへのハイパーリンクを自分のウェブサイトや第三者のウェブサイトに設定することです。また、広告のない環境にswissinfo.chウェブサービスのコンテンツを原文のまま掲載することもできます。swissinfo.chウェブサービスでダウンロード用に提供しているすべてのソフトウェア、ディレクトリー、データ、およびそのコンテンツに対しては、私用の機器へのダウンロードや保存に限定した、譲渡不可能で非独占的な単純ライセンスを譲渡します。他のすべての権利はswissinfo.chに属します。特に、販売や商業的利用は固く禁止します。

×