ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ヘルべチア人 30年スイスの生活を切り取り続けた写真家

スイスの写真家・ディディエ・ルエフ氏は、スイスの生活様式を30年以上にわたり記録している。スイスと「ヘルべチア人」―ラテン語で「スイス人」―の姿を厳選した写真集を出版した。

スイスの歴史家トーマス・マイセン氏は著書の序文にこう記した。「スイスに存在しないものは何もない」。もしかしたらこう加えるべきかもしれない。「その写真家が過去30年間に写さなかったものも何もない」

ルエフ氏はジュネーブで育った。この地域に住む多くの人と同じように、幼い頃からレマン湖の向こうにフランスを眺めて過ごし、国際都市ジュネーブの影響を受けた。卒業後はニューヨークに移り、ニューヨーク国際写真センターで写真家としての修業を積んだ。

ジュネーブに戻ったルエフ氏は、ニューヨークで熱心に勉強したストリートフォトグラフィーの技法を使って、自分の国を伝えることに取り組んだ。急成長するストリートフォトグラフィーの世界に没頭し、衝動と好奇心の赴くままに各州の多様性と歴史を切り取った。

全国を巡るなかでも、ジュネーブはルエフ氏にとって港のような存在であり、撮影が終わると必ずこの地に戻ってきた。そして折に触れこの街の様子もカメラに収めた。

ルエフ氏の新著「Homo Helveticus(仮訳:ヘルべチア人)他のサイトへ」は、ベルンのティル・シャープ出版社が出版。スイスの四つの公用語全ての地域で30年以上にわたり撮影した白黒写真167点を収録。写真にはルエフ氏の郷土愛がにじみ出る一方、皮肉もちらほら。ルエフ氏の人間性を築き上げた祖国への個人的視点とドキュメンタリーの要素が共存する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。