ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ホットライン スイスの悩み相談窓口 利用者急増

電話で話すデスクの女性

Tel143はスイス国内12地域を拠点に、合計640人のボランティアが24時間体制で対応している

(Keystone)

昨年、スイスのホットライン「Tel143 - 支援の手」が応じた心の問題や個人的な悩みに関する相談件数はおよそ10%増加した。

電話番号143にかければ匿名相談できる「Tel143 - 支援の手他のサイトへ」は4日、2018年の電話による相談件数は24万1359件で、一年で8.6%増加したと報告した。インターネット上のEメールやライブチャットによる相談件数も11.8%の増加をみせた。

Tel143はスイス国内12地域を拠点に、合計640人のボランティアが24時間体制で対応している。同団体によると、ドイツ語圏で対応強化を図ったところ電話による相談件数が12%増加した。

性別にみると、男性の相談件数はわずかに減少し全体の31.6%を占めたが、男女比は3対7の割合で過去数年と比較して変化はなかった。

年齢層でみると、「中年層かそれ以上」の年齢層からの相談が多い。18歳以下の相談は1%以下で、65歳以上は20%に留まった。

電話相談の理由では「心の問題」が25.8%で最も多かった。その次に「日々の問題」(22%)、「人間関係」(17%)、「孤独」(10%)と続いた。全相談連絡のおよそ80%はすでに過去、相談の経験があった。

インターネットを使った相談件数は6884件で、若年層によるものがほとんどを占めた。40歳以上は全体の10%だった。相談内容の7%は自殺についてだった。

Tel143は非営利団体。団体名は言語圏ごとに訳され、フランス語圏では「Tel143 - La Main Tendue」、ドイツ語圏では「Tel143 - Die Dargebotene Hand」と呼ばれている。運営費の60%は公衆による寄付でまかなわれ、心の問題に関する相談にボランティアが24時間体制で対応している。

Keystone SDA/sb

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。