ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ポルシェやランボルギーニも ジュネーブ・モーターショーが開催

ギー・パルムラン

スマートカーに試乗するギー・パルムラン氏

(Keystone)

世界中の新型車が一堂に会する第88回ジュネーブ・モーターショー他のサイトへが8日、ジュネーブで開幕した。日本からはトヨタ、ホンダ、日産、マツダなどが出展。18日までの期間中、70万人が来場する見込み。

 ジュネーブ空港そばのパレクスポ・コンベンションセンターで開かれたイベントには、世界の主要自動車メーカー180社が出展。開会式ではギー・パルムラン連邦国防・スポーツ相があいさつした。

 パルムラン氏は電車と徒歩で会場入り。開会式のあいさつで「時間通りで、エコで、安全。現代の交通手段には三つの原則がある。それを促進する中で、私たち自身も率先して公共交通機関、とりわけ電車を利用することが推奨される」と述べた。ただ一方で、全ての人が都市部や鉄道駅に近いところに住んでいるとは限らず、(公共、私用の)交通手段を敵対させるのは間違っていると語った。

様々なボディ 

 今年のジュネーブ・モーターショーは、トランプ米大統領の鉄鋼とアルミニウムの輸入関税措置を巡る欧州連合(EU)との「貿易戦争」や、世界中に広がった女性へのセクハラに対する「#MeToo他のサイトへ」運動など、さまざまな向かい風が吹く中での開催となった。

 仏語圏の日刊紙ル・タンは7日、これまでは肌を露出した派手な服装のコンパニオンをそばに立たせて車を宣伝するのが当たり前だったが、多くの自動車メーカーが風評リスクを避け、従来の手法を控えるようになったと報じた。ル・タンは今回のショーを「自身の不在によって、コンパニオンは輝く」と表現。長い時間をかけてようやくこの傾向が現れたとした。

 AP通信も、前年に比べコンパニオンの肌の露出が減ったとしたが「長い足や厚化粧のモデルがいまだに華を添えている」と報じた。

 スイス自動車輸入業者団体オート・スイスのフランソワ・ラウナス会長はル・タンの取材に対し、本来は車の見本市であるモーターショーで、女性の役割に焦点が当たるのが理解できないと答えた。自動車メーカーは自分たちの好きなやり方で宣伝する自由があると述べ、「私がこのモーターショーに来るのは他の人と同じように、車が何よりも好きだからだ」と語った。

ATS-SDA/AP/dos

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。